鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

備忘録β 血液型占いって、実は正しいんじゃないか?

こんにちは。皆さん、血液型占いや、血液型に基づいた性格診断って信じてますか?俺は信じてません。

人の運命や性格と血液型になんの関連性もないし、そもそも人の人格って四種類に分けられるほど単純じゃない。誰にでも当てはまることをそれっぽくいってるだけだろ。

この指摘はもっともだし、俺もその通りだと思うが、それにしても、だ。

それにしても、血液型が話題になること多すぎない?そして、そこそこ当たってるような気がしてこない?

↑これ。

飲み会の中盤で血液型の話題になるたび「人の運命や性格と血液型になんの関連性もないし、そもそも人の人格って四種類に分けられるほど単純じゃないですよね?誰にでも当てはまることをそれっぽくいってるだけですよ」とドヤ顔で言ってはマジで白けさせてる奴ら。もうそういうのはやめにしよう。逆張りオタクは孤独に死に至るのみ。

思えば物心ついて以来そこそこの頻度で血液型は話題になってきた。

友達との話や、テレビの占いや、なんか本とかで。それで俺たちはそれぞれの血液型の性格に対するなんとなくの感じを知るようになった。A型なら几帳面、B型はガサツ、AB型は芸術家肌………みたいな。

血液型占いとかマジで興味ないけど………?みたいな奴ですら上のイメージは共有していると思う、信じるにせよ信じないにせよ。

で、その結果無意識的に俺たちは「合わせてきた」んじゃないか?そういった血液型の性格診断が提示する人間像をテンプレートとしてそれに当てはまるように。血液型の性格診断があたかも権威的に立ちはだかっているせいで、例えば「お前は几帳面だ」という同調圧力があった結果そこに合わせてるように人格が変容したのではないか。だって、俺はAB型だが、芸術家肌と言われて悪い気分はしないし。

血液型占いごときにそんな強制力はない、という意見はもっともだが逆に「お前はこういう性格だ」と権威的に提示してくる存在は他にあったか?とくにそれが学生時代のような人格形成段階に現れた場合、無意識下でそこに合わせていくような傾向があったんじゃないか?

血液型占いが先行して存在していたならば、血液型占いは正しくならざるを得ない。

そう考えると、はじめに血液型占いというものを産み出した奴はマジで罪深いな。下手したら何百万人もの人格を歪めたことになるんだから。

こわ。

 

 

 

 

備忘録β アメリカの人種問題に関する急進的な動きはポリコレじゃないのでは?

先週ポリコレについて語るななどと言っておいてこれを書くのはマジでカスだが、知らん。うるせえ。書かせろ

そもそも、ポリコレ、ポリティカル・コレクトとは、政治的中立のことで、社会的にあらゆる偏見に基づく差別をなくしていこうという運動のことで、例えばハリウッド映画のスタッフのジェンダー比を均等にするような動きは正にポリコレの範疇だと思う。

一方で、最近のアメリカにおける、黒人主導の人種問題に関する大規模な抗議活動、これはポリコレなのか?もっとそれ以前の問題じゃない?と思う。

つまり、アメリカの黒人は先行した数々の警察官による不当な弾圧がきっかけとして運動しているわけで、これに対して反抗するのって、政治的中立を求める以前に、「命を守る行動」なわけじゃない?比較的貧困層の黒人の若者というだけで警察に目をつけられ、最悪暴力にさらされる危険があるなら、それに対して恐怖し、団結し、暴力から逃れようとするのは当然ではないか?

もちろん、その根底には公民権活動によってもぬぐえなかった偏見があるわけで、それを取り除くためにあらゆる人種を揶揄するような表現を消去しようとするのはポリコレなんだけど、それ以前に団結した行動を起こすのは命を守るための行動であって、政治性とかが語られる以前の問題なんじゃないか?長期的に差別をなくしていこうとするのは確かにポリコレの範疇だが、この急進的な動きはポリコレじゃないのでは?その二つが同時進行しているからわかりづらくみえているのかもしれない?

わっかんね。知識がないので

なのでこの文章は真に受けないでください。

理解は遠い

夢に、声優さん出てきた

※注意…今回の日記はキモいので読まないで大丈夫です。

 

・ここ数ヵ月、いやがおうでも自分と向き合う日々が続いている。人間関係の中に自らの自己同一を見いだす人々はたいそうストレスがお溜まりのことであろうが、むしろ俺としてみれば「マジで、結局のところ一人でいい」ということが洗い出されたという感じで、嬉々として内省的な日々を送っている。だから、最近バイトが始まってようやく他人と会話する機会が増えたのだが、ものすごく会話が下手くそになっててウケた。相づちの打ち方とか忘れたし、話の聞き方も忘れた。休業明けに変わった業務の説明を受けたときも、「てか聞いてる?」と830回言われた。ちなみに、マジで聞いてない。

 

・そんな日々で、なにか趣味に打ち込んだという人も多いだろう。映画鑑賞だったり、読書だったりにこれほど適した期間はない。俺はといえば、「ゆるゆり」でした。

もう一度言います、「ゆるゆり」です。

 

・今更?と思う人も多いだろう。実際、今更だし。まあ、なにかにハマるのに遅かったり早かったりすることはない。少し前まで実家にいたときに妹がゆるゆりを観ていて、俺も一緒に観てたら気づいたら妹よりハマってた。単行本は一瞬で揃えたし、なもり先生の画集だったり、アニメのファンブックや、主題歌のCDなどもめちゃくちゃな量買い込んだ。そろそろブルーレイも届く。ちょっと昔のアニメとかって、こういうのすごく安く買えるからいい。先週は、単行本最新刊の店舗特典を買うためだけに往復二時間かけてなんばのヴィレヴァンまで行った。短縮営業なの知らなくて、一回夜に行ったら閉まってて、二日連続で行った。ナメんな

・こんなに入れ込んだコンテンツはかなり久しぶりかもしれない…………。そもそも、ゆるゆりのすごいところは、本来この手の漫画だったりアニメにはつきものの(作品内での、あるいは同ジャンル内での)マンネリ化の鎖から完全に解放されていることで、もうこのコンテンツはつまらなくなりようがないんすよね。いわゆるあずまんが大王以降の「空気系」を「百合」の空気感でパッケージングする、という手法こそ最早テンプレといえるんですが、そのテンプレートを見事に「ズラして」いるわけで、例えば本来人間関係の相関図の外にいるべき観察者の役割を、相関図にがっつり関わりまくってる池田千歳という人物に担わせておいて、逆に本来人間関係の中心にいるべき赤座あかりを相関の外縁に配置するというような、より人間関係を複合的に表現できるギミックがそれはもうめちゃくちゃに凝らされているわけで、そういったギミックによって効果的に演出させる種々の場面の度に、我々は感動せざるをえないわけけですよ。だって赤座あかりがあんな感じなおかげで、相関図の中心がいなくなるわけですよ、これってすごくない?まあ、歳納京子という存在が極めて中心に近い位置に陣取っているわけですが、赤座あかりを主人公の座に置き続けることでやはり歳納京子は形式的には中心にはいなくなるわけで、それってこういった人間関係を描く作品ではめちゃくちゃ大事なことじゃないですか?でも、キャラクターを並置するだけでは物語が成立しないから、そこに主人公として赤座あかりを置くと。しかも重要なのは、さっきも言ったようにマンネリ化が起こり得ないということなんですけど、これはどういうことかというと、本来こういった作品のキャラクターっていうのは背後に設定資料という名のデータベースが控えていて、「そのデータベースとうまく合致するように」エピソードを作っていくと思うんですけど(もちろん、長期連載の漫画なんかは時間と共にデータベースが増大していくこともあると思うんですが、それって引用元が増えてるだけですよね)この作品はたぶん根本的に考え方がちがくて、本来連載ものの漫画では禁忌のはずの「似たような流れの、似たような会話」を無限に繰り返すんすよ。例えば、杉浦綾乃のダジャレに船見結衣が反応するみたいな流れを、何十回も繰り返す、繰り返すうちにキャラクターの反応の微妙な変化を経つつ、いわばキャクラターの個人の内面とキャラクター同士の関係性が重層化されていくんですよ。つまり、設定が先行しているというよりは、むしろ場面場面が先行していて、後になってそれざお馴染みの設定になっているというか。ちょっと違うか、うまく説明できん。設定ありきじゃなく、むしろ設定が無限に繰り返すことで形作られているということか。ここまで有機的に(↔️安易にリアルということではなくて、むしろ誇張されている)構成された作品はそうそうなく、やはり「百合」という人間同士の交流については右に出る者のいない文脈からのアプローチだったからこそゆるゆりはここまで奥が深すぎるものになったのかもしれないですね、本当に。

 

・俺の頭はずっとこんな調子で、最近は暇があればラジオの方を聴いている。このラジオはラジオですごいとこが沢山あるんだけど、まあいいや。で、つい昨晩、ラジオをかけながら寝落ちしたら夢に声優さんがでてきました。言うと話がややこしくなってくるので、誰とは言わんが。ライブDVDの特典映像にあったリハーサル風景の時の練習着だった、合宿所みたいなとこでダンスの練習してた。練習着の感じがあまりに生々しすぎて、起きた後めちゃくちゃビビりました。

ハア~~~~~~~!!!!

おわり

スティグマとかいうことばカッコ良すぎんだろ

・だいぶ世界中がキナ臭くなってるが、日本はそこそこ下らないことしか話してないのでよかったです。そもそも、このキナ臭さに関して俺たちは大してなにも言えないのだと思う、言う権利がない、というか。

・ポリコレの問題について言えば、そもそもこの国は歴史的にそういった種の問題から物理的にも精神的にも遠い場所に居続けたので、仮にその人が生まれも育ちも人種もこの国のマジョリティだったならば、アメリカの黒人に対する細やかな情緒は絶対に理解しようがない。たとえアカデミックな教養があったとしても、学術的な検証こそできようが、情緒の完全な理解はできない。欧米圏の人間が日本と周囲の東アジア諸国の間にある複雑な感情の体系を理解しようがないのと同じ。

・だが、この問題に目を背け続けるのが正解だとも思わない。有識者の議論を目の当たりにし、自発的に考えることは、むしろすべきだ。ただ、それをツイッターに書き込むのはどうなのか?俺たちのツイッター上の意見のひとつひとつがいまや国政を動かすほどの膂力を持っていることを理解している人間だけが綿密な検証の上で客観的な事実を述べる位が限界だと思うのだが、まあいいや。

・とにかく、ポリコレの発露としての急進的な行動にいちいち意見を述べることは自らの愚かさを露呈しているだけ、かもしれないよ。蚊帳の外の俺たちにできるのは結果を目撃することだけ。世界中が完全に変革しなければマイノリティの権利を認めるというポーズをとったところで彼らに本当の意味で居場所はない。マイノリティに課せられたスティグマとは、それほどまでに複雑怪奇なものなのだから。

・てか、スティグマとかいうことばカッコ良すぎない!!??

・なんですか、いきなり。こっちは真面目に話してるのに。

スティグマとかいうことばカッコ良すぎんだろ!!??なに、いきなり出てきてカッコつけてんの?!おい!!スティグマ!!カッコよすぎ!!

・ちょっと!やめてください!うわああああ!!

スティグマって歌詞にいれてるJPOPありすぎ!!なぜなら響きカッコいいから!!!!

・荒らしに構う奴も荒らし。

おわり

備忘録β 地下室タイムズとは何だったのか

みんな大好き地下室タイムズが最近めっきり更新されてない。石左氏のやる気が~~とか訴訟が~~とか色々言われているがとにかく事実として更新はここ一年まったくといってない。最後の投稿も去年梅田でやったライブの告知だしな。というかあのライブは最高だったな。ほんと

で、このウェブメディアが日本のインディーロック界隈に与えた功罪は計り知れないほど大きいと思っていて、ちょうど欧米圏におけるピッチフォークとまったく同じような役割を(邦楽ロックという領域に縮小して)果たしていたように思う。インターネットの時代でこれまでテレビ番組や音楽雑誌が担っていた音楽の評価付けという行為を(特に若者層に対しては顕著に)このサイトが代わりに担うようになっていって、ある意味で地下室タイムズは権威化していた。権威じゃなかったら訴訟なんて起こされないし。

ピッチフォークの権威は2015年ごろを境にして徐々に衰えていくんだけど、それと同じ現象が地下室タイムズにも起きていたのだと思う。

ピッチフォーク凋落の原因として、①欧米で急速に普及したストリーミングサービスは音楽の見つけ方を抜本的に変化させてしまい

、従来ピッチフォーク利用者の主体だった高い音楽リテラシーの持ち主はもはや音楽の紹介者としてのウェブメディアは必要しなくなってしまったこと。②ピッチフォークは2015年に大手出版社に買収され「商業化」した。かつてのような尖った方向性は鈍り(もちろんそれは、欧米で先進的であったポリコレの反動でもある)、マスメディアと迎合的になった。

つまりこれと同じようなことが地下室タイムズでも起こっていたわけで、①欧米に比べ数年遅れ日本でも普及したストリーミングサービスが、国内でも高い音楽リテラシー層の音楽の探しかたを変えてしまったことと、②地下室タイムズは独自のCD販売路を構築したり、ライブを主催するようにして、周囲のバンドをいわば「お抱え化」したこと。邦楽ロックという狭い界隈のさらに狭い領域を囲い込んで商業化に舵を切ったことで、地下室タイムズは極めて閉鎖的なコミュニティになってしまった。CDなんて正しく過去の遺物、なわけで(もちろんストリーミングに乗らないようなバンドを発掘するという意味では大変意義深いが、そういったバンドは得てしてリスナー層もめちゃくちゃ限定的だ)。そして国内でも一般的な音楽リスナーの傾向として過激な論調を好むものは少なくなっていたように思う。

ピッチフォークが近年一部のUKラッパーに対して特異的に高い評価を与えているのと同じようなことが地下室タイムズでも起こっているということ。

 

要するに、メディアとして音楽を紹介するという形態は(それがインターネットカルチャーに基づいた多少過激でキャッチーなものであったとしても)完全に時代遅れになったしまい、それを自覚的かどうかはわからんが感知した石左氏はこのメディアから離れていったのではないだろうか。

 

ただ俺が言いたいのは地下室がお抱え化したバンドはどれもめちゃくちゃいい。この時代の空気感を的確に表現できるバンドばかりを集めていると思う。俺は好き。

もう少し、追いかけようと思う。

おわり