鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

まだ死にたくはないな、と

たとえば、俺は飛行機で酔い止め薬を飲むような男に

なってしまった。

先週末俺は北海道に完全なる遊びの目的のもと行ってきたのだけれど、帰りの飛行機でなんとなく鞄からトラベルミンを出して飲んだ。なんとなく揺れるな~と。

その時俺のなかで、飛行機に対して抱いていた少年さながらのワクワクだったり、旅の帰り特有のセンチメンタルさは霧散してしまったと思った。

俺がトラベルミンを飲んだ瞬間から飛行機は単なる移動手段に落ちぶれた。言うなれば毎朝揺られる阪急と同じ。

帰り道、寄り道したスーパー銭湯のサウナでそう気づいた。クソあちいサウナなのに少し寒気がした気がした。

こうして死んでいく(死への準備をしている)のかな、といまになって思う。あらゆるものに対して新鮮な感動や思いの発露を失ったときが死ぬべきときなのかな、と。

やべえ才能のバンドの新曲だったり、ふと見上げた空にクッソ鮮やかな月があったり、降り始めた雨に足早になるなか鼻腔をくすぐる埃のにおいとかにさ、俺はいつか何も思わなくなるのだろうか。

そうなったら俺は死ぬな。こうして文章を書けなくなるのだから。生活を消費だと思ったら人はひととして死ぬ。なあ、そうだろ生活を消費だと思って生きている大人。確かに俺たちは消費のなかで生きているのかもしれないけれど、そのなかで色々な鮮やかな発見をすることで生活は消費から遠ざかってゆくのだと思う。だけれども俺もそんな大人に少しずつ近づいているのかな。たとえば飛行機でトラベルミンを飲むみたく、さ。

こうして何だかんだ四年もblogをやれてて普通に俺は嬉しい。こうして思いを吐露できる環境があって、それを使っているうちは俺はまだまだ自分が子供のままでいられるようなきがする。俺は俺が子供のままでいる限り、新鮮な感動を味わえるのだから。

酔っぱらってないと素直に文章を書けないなあ。これが大人になることか?

 

 

 

 

 

 

 

祭囃子を恨む

午前11時、祭囃子が聴こえて目を覚ます。ああ、きょうは桜祭りだったなあ。3月の終わりの桜祭り、少し早いだろう。きのう整体師のオッサンが言っていたのを思い出した。きょうは雨だというのに外はあまりにも喧騒が騒がしい、祭囃子に遺伝子的に刻み込まれた高揚を一瞬でかきけす嫌悪感。あまりにも騒がしい。

俺の住んでるアパートはアーケードつきの商店街のど真ん中にある、開け放しの窓(昨晩はおどろくほどに暖かった)からいつもより遥かに多い人通りを窓から眺めるが、あまりの五月蝿さに辟易し窓をぴしゃりと閉じる。閉じるもなお五月蝿い。うるさい。

折角の二連休で、きょうは暗くなるまで寝て、朝までやってるファミレスで死ぬほど溜まってる書籍(積ん読)を読もうと思ってたのになあ。中断された睡眠ほど取り返しがたく、恨みがましいものはない。開いていた窓から侵入した花粉でくしゃみを二回した。くしゃみをしても独り、眼下には溢れんばかりの人。

二日酔いの脳は午前中まったくや機能しない。きのうは結構飲んでしまった。4連勤のあとだから仕方がないかもしれない。ガンガンと反響する脳を振り回してノートパソコンを起動。これは染み付いた動作であり二日酔いの影響はない、そしていつもの癖で自分のブログを開く。この零細も零細のブログのアクセス数などたかが知れているが確認せずにはいられないこの自己顕示欲が我ながら恐ろしくもある。書いた覚えのない記事。このブログは何人かで書かれてて(いまは二人)、書いた覚えのない記事があるのがすごく嬉しい。もう一人の執筆者は俺よりもよく物事を俯瞰して捉えられているなあ、といつも思う。思って、少し嫉む。でもこういった感情の機微を大事にしていきたいとも思う。

平坦な日々のなかで少しの触れ幅の中を錯綜する感情だけでも、自分にとっては価値のあるものだと最近になって気づいた。最近になって、小説を少しずつ(リハビリのように)書いているのだけど、やはり執筆の軸にあるものは自分の経験や体験で、それらにたいしていかにアンテナを張れているかというのが表現力の如何に関わるのかなあ、などと。音楽を聴いたり、アルバイトで上司に褒められたり、叱られたり、そういった出来事の一つ一つは自分にしかできない経験や体験だなあ、と先週あたりに気づいた。

例えばいまのこの思考も文章にして保存すれば自分の、もしかしたら他者の糧になるかもしれない。そうだとしたら嬉しい。嬉しいし、もっとこんなかたちの記事も書いていいと思う。

祭囃子と、人々の喧騒が聴こえて思考はぶつ切りになる。散文的ながら少しの纏まりを見せつつあった思考を中断させた祭囃子を恨もう。いやその恨みさえも文章にしよう。ブログの編集画面を開いた。

 

「五等分の花嫁」はすごいんじゃないか?

  特撮やロボットアニメとかの話をずっとしてると「俺はこの分野から外に飛び出さないんじゃないか?」と不安になることがある人です。

 

その不安が最高潮になると、コンビニやBOOKOFFで漫画を買ったり、TSUTAYAでCDやDVDをレンタルします。前評判無しに、その場で買うものを決める。そんな感じで購入したのが「五等分の花嫁」です。

 

f:id:team-hanagami:20190326122945j:image

 

正直、精神状態としてはすごく疲れていて。「ああ、五人もお嫁さんがいたらなあ…」という危なげなマインドでコンビニにあった三巻を購入しました。一巻から揃えようとか考えると機を逃すので基本あるものは即購入です。

 

中高時代の昔話をすると、はっきり言って「アニメ」というくくりでいえば男子校だからすごく普及してましたね。運動部も文化部も、アニメかアイドルというものには異様な熱気と、それを憚らない共通の空気というものがあって。

 

僕もチマチマ観てました。というか入口はむしろそっちで、「氷菓」とか「らき☆すた」とか「バカテス」を録画して観てました。ただ、好みというものは先鋭化されていくようで、同時に観るロボットアニメに傾いていく。卒業前にはそれこそ「ガンダムZZ」をDVDで見続けて、「ユーフォニアム」なんかはなんとやら、と言った感じで。

 

最初に三巻を読んだ感想も、概ね似たようなものでした。気楽に、ストレスフリーに、女の子たちと仲良くなっていく。喜怒哀楽の一番最後を摂取していくだけだなって思いました。(後から思えば三巻から読んでるんだから当然過ぎる)それこそ「いちご100%」だとか「ToLOVEる」と違って主人公が女の子に冷たいあたりがフラットで受けてるのかな、と。ただそれにも増して引っかかったのは五つ子の区別がつかないという設定。これに違和感があったので割と勝手に見切りをつけようとしてました。結局萌えキャラなんて区別がつかないし、その上で作中でも区別されなかったらもうこれ以上面白くなることも無いだろうし。帰りにぼちぼち揃えて色々終わったら売ろう、そうして買っていくうちにふと違和感があったんです。

 

 

そんなこと、わかってるんじゃないか?

 

 

ヒロインはそれぞれ問題を抱えてるんですよ。これはこのジャンルにおいては当たり前なんですけど、それとは別に「五つ子」は共通で抱えている悩みがある。それが「区別されてはいけない」ということ。区別できない、記号の塊なんて揶揄されるヒロインたちは作中でも本質的には区別されていないんです。話し方や特徴的なアクセサリーでのみ認識されている節がある。段々それが明らかになる構成が見事。

 

この仕掛けがドラマにはもちろん、五つ子の中での姉妹関係にも関わっている。どこまで意識的なのかはわかりませんが、これからの展開が気になって仕方なく、発売日に最新刊を買いに行くようになってしまった。最初に舐めていたぶん、そのギャップで心を掴まれてしまった。誰と結ばれるんだろうかがマジでわからなくて、悶々とする日々です。個人的最有力候補は4。

ナンバーガールが復活した

ナンバーガールが復活した。

今さらになってそんな感慨が爆発してしまって夜中にこれを書いている。

正直いって俺はナンバーガールの世代ではない。その残滓を啜るキッズだよ、お前らの嫌いな。ただ2000年代以降の邦楽ロックを聴いてきた世代はすべてナンバーガールの世代とひと括りにしてしまってもいいのではないかとも思う。2019年の音を聴いたか、まだテレキャスかき鳴らしてメガネが叫んでるぞ。邦楽ロックがナンバーガール以降ひとつも進歩していないなんて大口を叩いて憚らない、俺は。ナンバーガールはそれほどまでにエポックメイキングなロックバンドであった。

ナンバーガールが復活して、すべてのアルバムを聴き直したが、やはり邦楽ロックはナンバーガールから1歩も。ナムヘビーメタリックがリリースされた2002年に邦楽ロックは死んだ。いや代謝機構が機能不全に陥った(じゃあザゼンの向井は何なんだ、彼は最早オルタナを超越したプログレ、ダブ、向井秀徳の脳内に蔓延る音楽の凝縮を体現した音楽集団)。まだすがるか。お前らは言うが、邦楽ロックに狂わされたオタクはすがる。紅白に15秒でた向井秀徳でも狂うぞ、俺たちは。平成の終わり、rockかpopかわからん音楽聴いててもそれを通してナンバーガールを感じてるんだ、そして涙流す。忘れられないし、忘れたくもない。

 

今年の夏、俺は北海道へ行く。何がなんでも行く。北海道へ行けない奴等は俺を羨め。俺は蝦夷の大地で、刺すような青空のした透明少女を聴くぞ。聴いて、俺の通ってきた音楽は正解だったと絶叫するぞ。俺は極極に集中力を高める必要がある。

以上。

 

そこそこのファンから見たルルーシュが復活した感想

こんにちは。普通にブログを書いた人です。

 

好きなアニメを挙げろ、と言われて僕が挙げるとすると「無限のリヴァイアス」「スクライド」「ガン×ソード」と、谷口悟朗監督作品が並ぶくらいには普通に著しく好きです。監督としてなら一番好きなのかも。ただ、別に「ワンピース」まで遡るとかそういうレベルのファンじゃないので、悪しからず。

 

去る日、「復活のルルーシュ」をみてきました。これでもかというくらいファン向けの要素を詰め込みつつ、ジルクスタンという敵を軸にまとめた作品。以降はネタバレはあまりありませんが、一応注意。

 

ジルクスタンの姉弟ルルーシュとナナリーの関係の写し鏡みたいな存在で、いくらでも絡められそうなのに一切触れられないんですよね。あの国の境遇の描写も最小限で、鑑賞後に思い出すスパイスくらいの比重。

 

姉シャムナはどうすれば国を救えたのかー、とか。弟シャリオのKMF操作にはどんなシステムがあったのかー、とか。指示を待たれるルルーシュと予知を求められるシャムナの責任とか。考えれば説明だけで時間を裂けそうだけど、それは計算の上削られたんだと思います。

 

この映画は非常に計算の上で作られていると思います。本気で『反逆』の続編をやると尺が圧倒的に足りなくなる。この映画では何が重要なのか?言うまでもなくファンへのサービスが第一だったのでしょう。

 

映画を観る前にずっと頭に残っていたのは最新の『劇場版 遊戯王』。あれも『コードギアス』に似た部分があって、ファンが続編における主人公(この場合闇遊戯)の復活について議論していましたね。どちらも言うなれば消えて綺麗に終わったわけですから、復活するとなるとそれは冷静でいられない。まあ、ルルーシュはそもそも生存していたか否かでずっと議論はされてきましたが。

 

遊戯王』は蓋を開けてみれば、序盤にフェイクを混ぜつつ、肝心の「復活」は最後の最後に、色んなファンへ対応した絶妙な「復活」を見せてきた。あれは本当に綺麗だったと思います。『遊戯王』にしかできない、まさに名シーン。

 

一方で『ギアス』は、そういった情緒はない。正直そっちの方がドラマチックだとは思うんです。今回の最初のルルーシュと他キャラとの邂逅は割と偶発的で、ドラマ性に欠ける部分はあった。ただ、やはり逆説的に今回見せたかったのはファンサービス、ルルーシュと他キャラの絡みだったんじゃないかと。僕も全容を把握できないレベルで外伝に至るまでキャラクターが出ていましたね。

 

監督のインタビューに少し目を通すと、今回の『ギアス』はやはりシリーズものとしての土台作りの意図があって、「復活のルルーシュ」というか「ルルーシュの復活」がまず最初にあったんじゃないでしょうか。それを前提にした肉付けが、ファンサービスという要素。そしてその中でも重要だったのはC.C.との約束と関係性の決着。2時間で描くための取捨選択が非常にされたんじゃないかなと邪推してしまいます。

 

ファンサービスは物語作りにも反映されていて、ルルーシュ復活時の煽りと決戦時の頭脳戦の勢いが僕は大好きでした。ギアスらしさというか、傲慢な貴族を煽って自滅させる箇所は気持ち悪いくらいニヤニヤしてしまう。

 

そして、最終決戦のギアス対ギアス。『ギアス』が人気アニメになったのは、ロボットだけではなくギアスによる能力バトルもあることによる、受け皿の広さもあるでしょう。ロボ好きとしては世知辛いけれども。

 

さっきシリーズの土台作りなんて言いましたが、僕は『アキト』を全部見たんですよ。CGのバトルは最高峰だと今でも思ってるし、雰囲気もとても好きなのですが、いかんせん舌戦だとか能力バトルだとか結構『ルルーシュ』の受けた要因が抜けているのが痛いなとも感じていました。これからシリーズが続くかわからないですが、その再確認のようなものなのかも。

 

ぶっちゃけルルーシュのギアスもチートなので、相手にも相応のチートが求められるのですが、今回もなかなか。未来を知った上でやり直せるのはループもののそれなので実にあれも主人公格の能力です。ルルーシュも「早くない?」と思うくらいあっという間に打ちのめされてしまいますが、復帰後にひたすらルルーシュがハイテンションで打ち破るカタルシスルルーシュのあの頭の良さは破茶滅茶なチートなんですけど、演出も相まって勢いが気持ちよすぎる。

 

野暮ですが、あのギアスの良いところは限られた尺の中で味方の快進撃と苦戦を同時に見せられるところですね。カレンとスザクの新KMF(?)はシャムナのギアスじゃないと充分活躍させられなかったかも。

 

あと観てて懐かしさを感じたのはルルーシュのダークヒーローっぷり。一般人にギアスをかけるの、完全に人道に悖っているんですけど、そういうのって娯楽って感じしますね。デスノートとかが流行ったのも、「悪人の名前をノートに書いて裁く」ってとてつもない快感だったってのもあるでしょう。

 

ちょっと逸れますけど、ああいう「大事なこと」と「大事じゃないこと」が割とはっきり決まってる主人公は魅力的ですよね。ルルーシュの場合は「めちゃくちゃ大事なこと」があると書いた方が正しいのか。ルルーシュは言うまでもなくナナリーですけど、それ以外のことは二の次。前述の破壊の快感に近いものがあるというか、普段気にしてしまう倫理や人道をいざという時無視していく。初めからそんなものはないんだとばかりに邁進する姿は主人公然としてるな、と。

 

自分もつらつら書いてきましたが、普通に『ギアス』が好きだったので、ロボット、能力バトル、懐かしいキャラたちの活躍が観れてめっちゃ興奮してました。

 

あとは最後のアレですね、全編通してC.C.がもう一人の主人公って感じねした。この映画で僕はC.C.をかなり好きになれたし、元から好きだった人とかはもう感涙ものなんじゃないかなぁ。

 

最大公約数っていうとちょっと冷たい印象になってしまうけど、今の時代「公式」でありながらファンサービスができるのは非常に気を使っているし、ありがたいなとも思います。ギアスらしさの集合ということは、ギアスの面白さが2時間にぎゅうぎゅうに詰まっているということでもありますし。