鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

見た夢の話

また配給が減った。

外の世界の事情はよくわからないが、少しずつ減る毎日の食事と、反比例して増える"あの人たち"に関する良くない噂は、俺のような何事にも無関心な人間にも状況の悪さを教えてくれていた。

先日訪れたレジャー地区の泳用貯水池の塩素の匂いを思い出す。あれはそこそこ楽しかった。たまには運動したほうがいいかもしれない。

研究室のメンバーは今日も無口で、黙々と目の前の端末と向き合っている。

次の交代まであとどれくらいか........ぼんやりと壁掛け時計を見上げること数刻、突如として響き出す喧しい警報音。

電流が走ったかのように椅子からはね起きる。他のメンバーも血相を変えて作業に取り掛かっている。

「早く!防護壁を回せ!」

俺の研究室は旧区画だから、二重の防護壁は手動式だ。まず、"ガラスのほう"の防護壁を引っ張り出して壁面に展開しなければならない。

レールに沿って防護壁を持ってくるだけなら簡単だが、一枚の窓のような"ガラスのほう"の防護壁を繋げるための金具を締める操作は複雑で、俺はいつも手間取ってしまう。

「いいから!これをやってて」

見かねた先生が信じられないくらい早い手付きで金具をジョイントする。

俺は先生に渡されたブロック型のウレタン材を防護壁の隙間に詰める作業を任された。こんなことをして、果たしてどれくらいの意味があるのか?

「こんなことをして、意味あるんですかねえ」

思わず軽口が出てしまう。

「いいから!早くしないと、"終の光"(ついのひかり)が来るぞ」

一喝される。他のメンバーも黙々と防護壁を取り付ける作業に没頭している。

終の光。

俺たちの人間の処理力ではどうしようもなく増え続ける外の世界の"あの人たち"の観測数が一定を超えると放たれる浄化の光。

その度に俺たちの脳細胞も少しずつ崩壊しているらしいが、確かめる術はない。

まあ、それを少しでも食い止めるためにこのウレタン材が役に立つなら、喜んで敷き詰めよう。 

それにしても、終の光も少し昔に比べたら本当に多くなった。

防護壁を展開する度に酷使されるウレタン材の角はすっかり磨り減ってしまっていている。

"ガラスのほう"がようやく取り付け終わって、"鉄のほう"が四人がかりで展開される。大きな二枚の鉄の隔壁が目の前で閉ざされる直前、ガラス越しにいつか見た懐かしい光が見えた気がした。

 

ここで目が覚めました。なんの話ですか?

別に知らなくてもいいけど、言われてみれば『確かにそうじゃん!』と驚く知見

つい先日、夜行バスで東京から自宅のある大阪へと移動する機会があり、バスの発車前に少し時間があったので近場の有名な銭湯であるサウナ錦糸町へ行くことにした。

俺はミーハーさここに極まれりといった調子で、今現在体よくサウナにハマっており、旅行先などでも各地の有名なサウナに訪れては汗を流しまくっている。

錦糸町駅から歩いて5分ほどのサウナ錦糸町は今流行りの最先端の設備と清潔感があるサウナというよりも古き良き銭湯施設といった風情で、なんと言っても120℃という都内最高温度を標榜するサウナと全長7メートルの天然の湧水を利用した水風呂が特長だ。

120℃のはずのサウナ内の温度計はなぜか148℃を指しており、正直なところ俺は5分が限界であったが、その後の水風呂は完全に最高だったということは確かである。水風呂に潜ることは本来ならばマナー違反であるがサウナ錦糸町では無礼講、誰もが流れるプールばりに循環の早い水風呂に肩までとは言わず頭頂部まで沈めて体内の熱気を鎮めていた。

平日の深夜であったがサウナはほぼ満室状態、流行に敏感そうなサブカルっぽい見た目の若者のみならず(俺もその一人だ......)、トレーニングジムも併設されていることもあってかやたらとガタイのいい真っ黒に日焼けした武闘派や、どこのサウナにも必ずいる常連のサウナ爺、そして一際目を引いたのが全身を美しい和彫りで彩ったその道の方だ。

その道の方はサウナに何人も出入りしていたが、その中でも異様なまでの存在感を誇っていたのは、錦糸町という夜の街を我が物顔で闊歩することを許された若い衆、日本でも指折りの極道といった風情の若若さとふてぶてしさ、そして引き締まった肉体を維持する向上心を併せ持ったエリートヤクザだ。知らねえけど。

ちょうど龍が如く0の若い頃の桐生一馬みてえな凄みがあったけど、目が合うのが怖すぎたのでよく見ていません。

ただ否が応でも意識せざるを得ないその存在は、一瞬だけサウナに入ったかと思えば、その後俺が地獄のような温度のサウナと水風呂を行き来する間、ずっと洗い場で全身の毛を剃っていた。

めちゃくちゃ丁寧に。

時間にして20分ほど。

そこで俺は思った。

言われてみれば確かにそうだけど、刺青入れてる奴って、その部分の毛って剃ってるんだなぁ。そうしないと見栄え悪いしなぁ。確かに入れ墨に毛が生えてるのって想像できないなぁ。

全身に入れてると、めちゃくちゃ大変そうだなぁ。

桐生一馬も剃ってたのかなぁ。

銭湯にヤクザがいて、しかもそれが毎晩毛を剃るような意識高いヤクザじゃないと気づけない事実だなぁ。

どうでもいい?でも知らなかったでしょ。

みんなにも話そっと。

そう思いながらサウナを後にし、東京駅から夜行バスに乗り込んだ。

サウナの効果か知らないが、梅田につくまで一度も目覚めることのない深睡眠だった。

以上、「別に知らなくてもいいけど、言われてみれば『確かにそうじゃん!』と驚く知見」こと、「ヤクザは全身の毛を剃っている」でした。

おわり

 

 

クロブのG-ルシファー変更点まとめ【EXVS2XB】2021/03/26コンボダメージ追記 2021/04/22更に変更点追記

クロスブースト稼働から二週間が経ってもなおネット上のどこにもG-ルシファーの変更点がまとめられてないので備忘録として書き残します。詳細な検証はしていないので、機動力周りやダメージ計算に関しては知りません。また、環境でやれるかどうかなども知りません。

→04/22あれから更に色々と変更点に気づいたので更に追記。

 

・機動力

→体感だが変更なし。

・赤ロック

→短縮。恐らく前作の上方修正前に戻っている。

・耐久力

→変更無しで450。今作軒並み耐久が上方修正を受けているため相対的に低下ともいえる。

以下変更のある武装のみ。

・レバー入れ特殊射撃 "G-アルケイン(フルドレス) 呼出"

→単発の狙撃ビームから、「ビームライフル2射→狙撃ビーム」に変更。以前はメインキャンセルで同高度程度からなら追撃が入ったが、今作ではかなり厳しい。一応高低差ついている状態からなら追撃可。中距離でのメイン追撃がかなり難しくなってしまった。また、連射するビームも銃口補正がかかり続けないタイプのため、弾幕としても微妙な性能と言わざるを得ない。

→04/22追記。赤ロックギリギリで弾幕としてばら撒く分にはメインと同じくらいの期待値があるような気がしないでもない。

・レバー入れ特殊格闘 "G-セルフ(パーフェクトパック) 呼出"

ビームサーベルを使った三段格闘。初段がガードされた際、前作ではそのまま格闘を出し切ったが、今作はすぐに消滅するようになり、盾固めが不可能になった。まあゼータも出来なくなってたし仕方ないか。あと、体感だがふっとばしのベクトルが弱くなったせいで追撃が安定しづらくなった?月光蝶コンボのタイミングがややシビアになった可能性があります※体感。

→04/22追記。全体調整として格闘系アシストの一回転ダウンは一律で消されているらしい。このアシストも通常のダウン属性になっている。

・前格闘 "スカート・ファンネル縦斬り→横薙ぎ→斬り上げ"

→食いつきが弱くなっているなどと巷では言われていますが..................正直わかんねぇ!個人的には変わっていないと思います。※体感。また、ふっ飛ばしベクトルが緩くなって前作では繋がったオバヒ時の前格出し切り→前格が繋がりづらくなっているらしいですが、これは恐らく本当だと思われます※体感。

→04/22追記。体感だが伸びと判定の奥行きは弱体化されていると断言して良さそう。後ろ側にいる敵に食いつくなどヤバすぎる当たり方

は明らかになくなっている。

・後格闘 "スカート・サーベル【薙ぎ払い】"

→04/22追記。N格闘、横格闘、前格闘出し切りからのキャンセルルートが追加されている。オバヒ時のコンボはこれで安定しそう。300戦使ってるのに全く気づかなかった。

・BD格闘  "斬り抜け→左右薙ぎ→唐竹割り"

→04/22追記。出し切りまでのモーションがかなり高速化。ようやく実用的に。めちゃくちゃな体感だが、赤ロック内で振ったときの伸び......というか踏み込みがνガンの居合い切りのようにグッと一段速く踏み込むようになっている気がしないでもない。スカートリロード時の自己主張として使える可能性がある。

・バーストアタック 月光蝶

→発動時にスカートファンネルがリロードされるように。緑ロックでも可。覚醒時に格闘CSがリロード中のことが殆ど無いのであまり意味はないが、唯一の明確な上方修正かも。ただ、緑ロックでも覚醒技を使うと敵にまっすぐ突っ込んでいくので注意。※経験済み

→04/22追記。ブースト消費と縦方向の誘導がほぼ無いので、上空に逃げた状態でのぶっぱなら取られづらい可能性がある。

 

以上.......です!恐らく。暇なときにコンボダメージでも検証しようかな。

→3/26追記。各武装のダメージと俺がよく使うコンボダメージを見てきた。前作のダメージはwiki参照。

メイン→121。前作と変わらず。メイン2射で189も変わらず。

ゲロビ→180。前作と変わらず。覚醒時201も変わらず。

レバー入れ特殊射撃→フルヒットで144。

レバーN特殊格闘→143。変わらず。

レバー入れ特殊格闘→前作112から128に上昇。

前格闘出し切り→前作187から180に低下。

覚醒技→C覚醒で前作E/L覚醒と同じ250。

ここからコンボ。

前出し切り前→前作224から221に低下。

前出し切り後→前作232から222に低下。これマジ?低下しすぎだろ。

前出し切りBD格射撃派生→前作244から230に低下。これマジ?

前出し切り前1hit特格→デスコン候補。前作254から240前後に低下。ちなみに2回目の前格がヒットすればするほどダメージは低下します。

前出し切りBD格初段覚醒技→285。前作と変わらず。なんでこれは変わらないんだ??

恐らく前格のダメージと補正が弱体修正を受けていて、それ以外は微調整の範囲のように思われる。レバー入れ特殊格闘のダメージが結構上がっているのでコンボに入れられそうですね。

追記終了

 

・おまけ 覚醒考察

→前作F覚で頑張っていた人はF覚でいいと思う。俺はE覚抜けゲロビの快感を覚えてから、低コペアではE覚一択、高コと組んで爆弾をするときのみL覚醒を選んでいたので、今作では今のところC覚醒一択。E覚と変わらない吐き方もできつつ、E覚では吐きづらかった場面でも相方に覚醒渡すものと割り切ってローリスクで吐けるのでまじで噛み合っている。防御補正が乗らない点だけやや弱いか。

R覚醒は前格にスパアマつかないので論外だと思っていたが、例のヴァーチェの動画を見てからワンチャンある気もしている。防御補正もつくし。試して見る価値......アリ?知りません。

M覚醒は青ステができなくなった点も含めて論外、S覚醒はチャージ爆速になった恩恵はありそうだが......どうなんですかね?

 

以上です。勝てるかどうかはプレイヤー次第

 

 

 

 

2月日記

・全然読んでもらえてると思ってない人から「ブログ読んでるよ」と言われるとすごい嬉しいですね。

・なので最低月一更新はしようと思ってるのですが、2月書くの忘れました。まあ誰も読んでないしいいか。

・てか書くことがないんだよな。2月のはじめの方は大学のレポートに追われ文章書くリソースが奪われてたし、そもそも何とかとかいうしょうもねえカスみてえな病気のせいでなんのイベントもないから。

・でも、ようやくレポートも終わったから少しずつ小説を書いている。最近俺の書いた小説の感想を貰って、それは俺の文章はいつもの「生活」に目を向けている、という指摘で、確かにそうだな、と思った。生活のテーマは俺が意識的にも無意識下でも意識せざるを得ないという感覚が常にある。なぜなら、何かの作品を目にしたり、誰かのSNSアカウントを覗き見たとき、そこには世の中の華々しい部分だけが煌めいていて、そこに俺たちの目は奪われがちだが、その実、テレビの人気者も、かっけえアーティストも、俺も、あなたも、その人生の過半を占めているのは日々の生活に他ならない。そして、その日々の生活は、よく知っているように、めちゃくちゃつまらん。何が楽しくて毎日床のゴミを掃除して、自分の体を清めて、着替えて、労働せにゃあかんのか。つまらん。しかもそれが"死ぬまで"続くって、これを考えた奴は狂ってる。でも、全人類にこの生活が与えられているって、それも本当だ。この感覚は多分俺が思っているよりもずっと大切で巨大な観念のように思える。そして、そこに光を当て言語化する試みこそが芸術の原動力である、というのは言い過ぎだろうか。同じようなことを誰かが言っていたから言い過ぎではない気もする。なので、次の俺の小説も生活からは切り離せないものになっているだろう、多分だけど。

ゆるゆりが好きすぎる。ゆるゆりを好きになってそろそろ一年が経つが、相変わらずゆるゆりが好きすぎる。最近、ゆるゆりの何が面白いのかを考えている。三上小又先生の名作『ゆゆ式』で一貫して描かれているテーマは「ノーイベント・グッドライフ」で、それはまさに前述した生活に光を当てる試みにほかならず、それを"空気系"に大々的に採り入れる試みは凄すぎると言わざるをえないが、一方でゆるゆりではイベントはイベントとしてしっかりと描かれている。例えばごらく部と生徒会の夏休みのキャンプの思い出は一本のOVAにまとめられているように。『ゆゆ式』の試みは素晴らしいと肯定したうえでの意見として、ゆるゆりのその試みも同時に素晴らしい姿勢であると思う。だって、実際の中学生だって夏のワクワクするようなイベントに心を躍らせているのだから。その心の昂ぶりを丁寧に描写しきることは、『ノーイベント・グッドライフ』と同じくらい尊重すべき姿勢のような気がする。

・そういえば、ゆゆ式ゆるゆりと同時期に制作された『きんいろモザイク』の2期の構成を俺は事あるごとに絶賛しているのだが、どこが素晴らしいかというと海回の助走を3話くらい使って夏の始まりから丁寧に丁寧に描写したことで、脈絡なく水着回を用意する凡百アニメとは一線を画すものだったなあ、と放映から6年がたった今でも時折思い返えしてはBlu-rayを引っ張り出してみたりする。

・最近のアニメだと、またしてもきらら系だが、『落ちこぼれフルーツタルト』を観た。これも、売れんアイドルの細々とした生活に焦点を当てたアニメで、アイドルのきらびやかな側面は極力排除して描かれていて、しょうもねえお色気シーンが多すぎることを除けば良作だったと言えるだろう。個人的に印象に残ったのは炊き出しのシーンでメンバー全員がマスクをつけた作画をされていたことで、こういった何気ない描写も今後変わっていくのかなあ、と思った。

そんなところです。さようなら