鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

俺はvtuber鈴鹿詩子を、詩子さんと呼ぶことにした

俺はこの記事をキモすぎてお蔵入りにしようと思ってたんですが、ゆえあって公開します。

 

こんにちは、みなさんバーチャルYouTuber(以下vtuber)は好きですか?

俺は好きです。

自分はいわゆる箱推しはしてなくて、動画勢を中心に嗜む程度に楽しんでおります(とはいえこういった消費態度のオタクが大半なのでは?自分の周りのオタクが揃って箱推し勢なのが異常だと信じたい。それとも世のvtuber好きたちは1日何時間も配信に釘付けなのが普通なのか?)。

とはいえ一人だけ、いる。配信はできる限りチェックし、ツイートは欠かさずいいねを押し、時にはなけなしの口座から少しの気持ちを投じては夜な夜なひとり満足しているvtuberが。

鈴鹿詩子さん、あなたです。

 

f:id:team-hanagami:20190811001616j:plain

 

彼女と出会ったのは去年、にじさんじ二期生がデビューして少し過ぎたあの暑い暑い初夏のことだった。

酷暑の中、壊れたエアコンを恨みつつ開け放たれた窓から入り込む蝉の合唱をBGMにデビュー当時のあなたの配信を聞いて、俺は感銘を受けたのだった。

「こんなのが許されるのかよ……」

確かにはじめは奇をてらった言動、企画に惹かれたのだった。でも彼女には溢れているのだ。どうしようもない、慈愛が(これこそ母性の正体)。愛に枯れた俺というひとりの現代人、気づけば彼女のことばは俺の精神にズブズブと浸透していった。

思うに、彼女はまったくもってウケを狙ってないところが素晴らしいんですよね。最初は自分がなんでこんなにウケてんだ?ってわかってなかったと思うんですよ。それが自分の持ち味だとわかってからも、それをうまくいかして立ち回ってる、そこには絶対彼女の人生経験の豊富さがあと思うんですよね。キャラ設定と魂のキャラのギャップというか、和音?それがもっともうまくいってるキャラの一人が詩子さんだと思います。

 

ブランキージェットシティが好きだと言えば、AmazonでCDを買っては毎日のように再生した。あなたが歌った歌はどんなライブ・キラーチューンよりも俺の心を躍らせる(わがままをいえば、丸の内サのような少し前のJ-POPをもっと歌ってほしいな。それが一番似合っているから)。あなたが勧めてくれたBL本は今でもFANZA(旧DMM)のライブラリに残ったままだ、消すに消せない。あなたに投げていたマシュマロは、自分の中の気持をいたずらに消費するだけだと気づいてから投げなくなりましたが。

俺は詩子さんのことを詩子さんと呼ぶようになった。

最初は、他のファンの人たちが彼女を詩子お姉さんと呼んでいることに対してマウントを取りたかった。

マウントをとりたかったんだよ!!!!!!!!!!!

他のオタクとは違う、俺だけが彼女を俺だけの呼び方で読んでいるんだ。それにしては割りと普通な呼び方だと思ったそこのあなた、中々鋭い。大事なのはそこにある情緒なんですよ、俺にとって詩子さんを詩子さんと呼ぶことが自然だったんですよ。他に理由なんて要らない。たぶんみんな詩子さんのことを詩子お姉さんと呼んでいるだろ?俺は違うんだよ。俺だけは。

 

いつしか、そう具体的には季節がひとまわりした頃、俺は思うようになった。

俺は、この女性(ひと)をずっと前から知っている気がする…………

もちろんそんなのは嘘だ。彼女はこの世界ではないべつの世界に住んでいて、彼女と逢えるのは画面を通してだけ。生きる世界が違うこんな私に あなたは優しくしてくれた(レインボーガール)

 

俺は思った。俺の中にある『遠い記憶の底にある憧れのひと』のイデアが詩子さんなのだと。わかるだろうか?あの、夏休みに祖父母の家に行ったときにしか会えない少し年の離れた親戚のお姉さん。いつも余裕のある微笑みをたたえていて、でもすこし抜けているところがあって、彼女の着ていた真っ白なワンピースはいまだって網膜の奥に焼き付いていて……………………(実在しません)

それが、俺にとっての詩子さんなんだよ!!!!!!

俺は罪深くも『憧れのひと』の様々な深い部分を知ってしまったんだよ!!!わかるか?この罪の重さが!!!もう引き下がれないんだよ、俺は!

中々配信がうまくいかない詩子さんも、ショタに欲情する詩子さんも、ぜんぶがぜんぶ俺の中の善なるイデアを補完する断片なんだよ!!!!参ったか??!!

 

 

 

最後に、さいごに俺が言えることはひとつだ。

 

詩子さん!!!!!!!!結婚してください!!!!!!!!

 


【自作オリジナル曲&MV】Will you marry me? / 鈴鹿詩子 (Utako Suzuka)【後方花嫁面】

 

 

そう言うと彼女は少し困ったように微笑みながら私の頭を小突くのだ。だが私ははじめからそうされるのが解っていたかのように大袈裟に痛がったりする。詩子さんは口許を押さえて笑っている。私はおどけてみせる。まるでひとつ前の言動を取り消すかのように。でも私の気持ちには嘘も偽りもなくて………………

だいぶ込み入った話になってきたのでちょっと早いですがここらで終わらせます。読んでくれてありがとう

 

 

遊び心に溢れ過ぎた、歴史に残らない快作『劇場版 仮面ライダージオウ』を観よう

この映画は、ヤバすぎる。

 

 

f:id:team-hanagami:20190726201349j:image

 

 

 

そもそもジオウとは。前半ネタバレ無いです。でも観に行こうとしてる人はフラットに行くのがおススメ。

 

仮面ライダージオウ」は平成20作記念のライダーで、最後の平成ライダー作品である。

平成ライダー”という、落ち着いて考えると偉くトンチキな俗称も、いつしか公式が濫用するようになって久しい。

記念作として走り出した「ジオウ」は、レジェンドライダーの客演や、放送当時へのタイムスリップといった試みをこれでもかとぶつけてきた、まさしく記念作にふさわしい作品だ。

 

平成10作目として放たれた「ディケイド」は、王道というよりは邪道の極みといった作品で、記念作に「ディケイド」を持ってきた蛮勇こそ平成ライダーたる理由だとさえ言える。

常に新しいことに挑戦し続け、記念作で邪道を行く。そうして平成ライダーは第2期へ突入し、拡大する世界観の終わりを告げ、“王道”を突き進むのが「ジオウ」だ。

王の誕生を祝う - 鼻紙diary

 

さてこの映画、はっきりいってとんでもない。

この映画はジオウの映画に留まらない。平成ライダーという特異なコンテンツの、圧倒的なグランドフィナーレだ。

邪道を切り開き、やがていつか王道を突き進んだ、決して平坦ではなかった“平成ライダー”という“魔王の道”の総決算なのである。

 

以下感想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他ならぬジオウの映画なので、僕も「竹内涼真でも出ね〜かな〜」という僅かな希望を抱き、ネット断ちして(重要。こんなの読んでないで早く行け)映画館へ向かった。

 

 

 

結論を言うと、竹内涼真は出ないし、藤岡弘、も出ないが、仮面ノリダーが出た。

この飛び道具っぷりである。どうやらもうニュースになっているのでそれは知っているという人もいるかもしれないが、知らずに行った時のサプライズは、おそらく秘密のレジェンドキャストが出ていた場合の驚きを凌駕していただろう。

 

このように、この映画は良い意味で無重力だった。

公開されていたあらすじは、クリムの祖先を追って過去に行くと、魔王であるソウゴが魔王・信長に会う…という筋書き。肩の力が抜けた筋に、お祭り感溢れる演出が重なり、観たことはないが「東映まんがまつり」といった趣の映像が繰り広げられる。

 

しかし、この筋書きは介入してきた“クォーツァー”たちが正体を明かすことで怒涛の後半へ突入する。実は楽しい楽しい前半部は後半の壮大な伏線だった。

ここまで割り切った構成は仮面ライダーの映画では珍しい。似たようなメタフィクショナルな作品「平成ジェネレーションズ FOREVER」は、真っ向からメタな材料に立ち向かった作品だった。

 

冒頭に「ゼロワン」の登場を持ってくるのもニクい。とんでもないメタ発言を平然とかます登場人物を観て、「ああ、今回はこんな感じなんだな」と思わされてしまう。

奇しくも、同時上映の「リュウソウジャー」もタイムスリップを扱い、シリアスな(しかしどこかアバンギャルドな)展開を見せていただけあって、ジオウの前半はどこか「ちょうどいい」のである。

 

しかし、歴史は未来の人から見たものに過ぎず、その過去には現在を生きる人がいる、というジオウ全体を総括するようなメッセージがやがて時代という射程へ広がっていく。

 

真の最終回、という平成ライダーにとっては馴染みのある文言にふさわしく、ソウゴやクォーツァーの正体が明かされる。彼は「醜い平成を作り直そうとするクォーツァーのボス」常盤SOUGOの替え玉だと言う。信長とゲイツの替え玉の下りはそのまま伏線だったのだ。何度も言うが、こういう伏線らしい伏線はとても珍しい。

 

囚われたソウゴへ放ったウォズの言葉は、メタで笑いを取った前半に対応し、メタだからこそ重い、「FOREVER」のような響きが出る。平成ライダーを統べる魔王というアイデンティティが、まさにメタで一笑に付される虚構だったのである。

 

 

そこで出会うのが仮面ノリダーである。一言で言えば、そして自分が知っている唯一の知識と言えば、彼は仮面ライダーのパロディに過ぎない存在だということだ。

しかし、彼の言葉には不思議な重み、いや、軽さがある。模倣でしかない彼がソウゴにかけた言葉だからこそ、あそこまでソウゴを再起させることができた。

あそこでレジェンドライダーが出てきて言葉をかけても、果たしてそれは正しかったのだろうか。それでは、平成ライダーとして一纏めにし力を奪ったクォーツァーへの対抗にならないだろう。通常の枠の外にいる彼だからこそ、同じく枠から弾き出されたソウゴを励ますことができたのだ。

 

最初に触れたとおり、「平成ライダー」とは俗称であった。平成に放送していたライダーはBLACK RXのようにいるのに、クウガからのライダーをだれかが呼んだのが始まりで、これこそ信長が魔王と呼ばれるような歴史の一側面でしかない。

 

クォーツァーの変身するライダーはみなRXのような枠から外れたものたちの力を用いている。

しかし、“平成ライダー”という立場はテレビで放送されたライダーたちが独占している。その反逆なのだな、と最初の時点では思ったものである。

 

事態は予想をはるかに超える。平成ライダー最後のお祭りは、そんな湿っぽく終わりはしない。ノリダーから勇気をもらったソウゴを助けるのは、“平成ライダー”という枠から外れていた者たちだ。

 

f:id:team-hanagami:20190726201512j:image

 

仮面ライダーGが出た時、はっきりと不思議な感情が湧いた。SMAPの特番で生み出された、稲垣吾郎の変身する仮面ライダーGなんて、誰が再登場するだなんて考えられるだろうか?しかし、それでも、彼は平成ライダーと胸を張るべきだ。

 

同じように、枠外の者たちが次々と現れる。

 

“舞台”で生まれた斬月カチドキアームズ。

“ビデオパス”で生まれたゴライダー。

“TTFC”で生まれた令和初の平成ライダー・ブレン。

“漫画”で再構成されたクウガ

 

漫画のコマを切り貼りした、真面目に大ふざけしている戦闘シーンは今後どの作品でも見られないだろうし、ぶっちゃけ二度目は見たくもない。しかし、一度くらいならこれもまた良い。一周回って、この映画は“平成最後のお祭り”に行き着くのだ。

 

いつの時代も平坦ではないが、泥臭く生きている人々が時代を作る。そのメッセージと共に、平成ライダーの歩んだ道も、平坦な“王道”では無かったが、平成の時を戦ったライダーが歩んだ道こそが、“魔”王の道であっても平成ライダーに違いないのである。

 

この作品を完成度という点で観ることは出来ない。もはや単体では評価しようが無いし、それを抜いても整合性などを投げ捨てている。

 

平成ライダーにおいて整合性が取れない部分などはいくらでもあったが、それらは「取ろうとして取れなかった」ものであって、「取らなくてもいい」と大々的に表現したものでは無い。それは、この映画が平成ライダーの中で一番罪深いところである。最後のお祭りに託けて、とんでもないことをしでかしているのだ。

 

結局のところ、今後仮面ライダーの可能性を広げていくことの製作者の宣誓なのかもしれない。もがきつづけた“平成ライダー”を終わらせ、令和もまた一瞬を全力でやり続けていく意思表示。

それは無責任との瀬戸際にある。今後も平坦で綺麗な道は通らないかもしれないが、それでも頑張るつもりです、という。

令和の仮面ライダーが続いていくとき、「ジオウのアレがあって良かった」となれば幸いだ。そうでない場合は…語るべくもないだろう。

 

映画のラストは笑撃、の二文字が相応しい。滑稽でもあるし、趣深くもあるが、こればっかりは劇場で「今この時」観なければわからない。

最後に流れるDA PUMPの「PARTY」が不思議と胸に快適に響く。そして臆面もなく発表される令和ジェネレーション。道はこれまでもこれからも続いていく。

 

余談だが、試験を終わらせて観に行った。夏休み前にとんでもない遊び心をぶつけられる無意義な映画を観てしまった。胸がすく気分だ。この映画の価値は今後の歴史が決めていくだろうし、陳腐ではあるが、良い夏休みをこれから歩んでいきたいものである。よしなに。

 

0から1へーー仮面の歴史

とうとう公式発表されました。令和初のTVライダー、ゼロワン。

 

f:id:team-hanagami:20190717133421j:image

 

情報がまだまだなので内容はなんとも言えませんが……今回のゼロワンは仮面に「仮面らしさ」が感じられますね。お面っぽくないですか?これ。

 

特撮だからもちろんスーツなのですが、仮面って異形の存在を表現(そして隠蔽)する手段だった。本来のイメージはきっと真とかの方が近いはず、と勝手に思ってますけど。

 

 

真・仮面ライダー序章
 

 



 

ライダーマンが微妙な立ち位置にいたのは、人間の部分が露出していることが決定的に違うからですかね。あれこそ第一印象は「マスク」なのに、そこに違和感を感じてしまうパラドクス。

 

 

仮面ライダー レジェンドライダーシリーズ16 ライダーマン

仮面ライダー レジェンドライダーシリーズ16 ライダーマン

 

 

 

仮面ライダーの仮面には「涙ライン」なるものが存在していて、これは異形となってしまった悲しみが表されている、というそこそこ有名なトリビアもあります。

 

 

第1話「怪奇蜘蛛男」

第1話「怪奇蜘蛛男」

 

 



 

涙ラインは「フォーゼ」で無くなったりもして、いよいよ仮面と分けられないという悲しみが枠から外れていった。仮面が変身者と明確に分けられるようになった。

今までは仮面と人は不可分だったけど、平成の龍騎ファイズあたりから変身者とライダーは意識して分けられるようになりましたね。こっちの方が本来の「仮面」に近いのかも。誰でも「ファイズドライバー」を使えば「ファイズ」になれるっていう。

 

 

 

さっきから色々貼り付けてるけど、改めて特撮の仮面ライダーというシリーズがおもちゃから離れることはないって前提の確認になりますね。

おもちゃから離れることはないから、その枠の中で色んな試みが生まれる。子どもにおもちゃを買ってもらうには、「ベルト」と「変身者」は分ける、仮面の仮面化が進むわけです。

 

平成の総決算を真っ向から成さんとするジオウの後にやってくるゼロワンは、まさに新時代の幕開け。当初から居る女性ライダーは昨今の潮流を汲んだ新しい流れの象徴ですね。専門家を呼んでAIを扱う即時性たるや。数式監修を呼んだ大森Pらしさなんでしょうか。

スタッフの布陣もすごい。エグゼイドのプロデューサー&脚本に、BGMはゴーストの坂部さんとは。ゴーストの闘魂のBGMはマジで良いので観たことない人も是非というレベル。

 

 

女性ライダーもそうですが、「仮面」が仮面であるためには、どんな人も被れるものである必要がある。じゃあこの力は何のために存在するのか?仮面をかぶることで力が出る、その力は目的を果たすためのもの。

ゼロワンの主人公は「世界最強の社長」を目指すため。ジオウは「最高最善の魔王」になるため。エトセトラ。

 

設定的には似た雰囲気を醸し出す「ファイズ」では、目的をはっきりとさせずに群像劇を描いた。むしろ、主人公が目的を見つけるまでの物語だったと締めくくっても良い。

けど、新時代のゼロワンではきっとそれは目指されない。僕が新しさをひしひしと感じるのは、目的があってそれを成し遂げるために仮面が被られるということ。ゼロワンの仮面のお面らしさもそんな意味があるんじゃないか、とか。

とにかく楽しみです。

PK shampooを聴いてくれ、俺の他のどんなたわごとも無視してくれていいから

こんにちは、皆さん音楽聴いてますか?俺は聴いてます。

この文章で俺が言いたいのはタイトルにある通りです。

あの、このバンド絶対に売れるんで今のうちに知っといた方がいいですよ。損はしません。

 


【MV】京都線/PK shampoo 

 

おわり 

 

 

今週のお題「わたしの好きな歌」

 

 

 

 

 

 

以下駄文

 

こんにちは。皆さん一生忘れることのないような音楽に出逢えましたか?俺は出逢えました。PK shampooです。

インターネットの片隅にある13人くらいしか常駐してない終わった掲示板で、俺はPK shampooを知った。

13人の住人が永久にPK shampooとかいう知らんバンドの話してて、ヤバい奴らいるな……と思いながら流石に気になってSpotifyにあるシングル(星/京都線)を再生し、一発でファンになった。やっぱりヤマトパンクス(vo.)って神だわ。

数日後ウキウキでその掲示板にPK shampooの話しにいったら、「ヤマトパンクスの話するな」ってめちゃくちゃ怒られた。あれは何だったの、ほんとうに。

本人たちがfrom World Wide Webを掲げてる以上、このワケわからん出会いはある意味正解だったのかもしれない。

とくに俺が気に入った曲は、ヤマトパンクス(以下ヤマパン)がソロ名義で出している夜間通用口という曲で、たぶんここ一月で50回は再生した気がする(こんなにヘビロテした曲はC.O.T.D以来かもしれない)。この曲も普通にライブでやってくれて、まさかやってくれるとは思わなかったから一曲目だったんだけど号泣してしまった。

 

 

ここ最近はほんとうにPK shampooばかり再生していた。ep買ってそれを外で聴くためだけにWALKMANヤフオクで落としたりして、一日中ヤマパンの声を聴いてた。やっぱりヤマトパンクスって神だわ。

アルバムが再生し終わったらはじめから再生し直した。風呂では彼らの歌を口ずさんだ。ライブに行くことを考えたらくそみてえな生活もすこしはマシに思えた。神だわ。

正直言って彼らの音だけを抜き取ってみれば、それは売れ線から第二宇宙速度で遠ざかっている音楽だ。何重にも何重にも重ねられたギターで紡ぐ旋律はノイズミュージックのようだし、代表曲はどれもローテンポだ、しかもボーカルは絶叫する。

(上の要素は正直好き嫌いある要素だ、俺は大好きだけど)それを「万人受けする」という意味でのポップさを感じられるまで昇華させているのは、圧倒的なまでの詩とメロディの良さだ。50年前のプログレとか、それこそビートルズ、もっといえばヴェートーヴェンの音楽が今なおめちゃくちゃ人気があるのはそのメロディの良さがあるからで、メロディの良さってのは時代も国も完全に越える、と思う。そういう次元でヤマパンの作るメロディは良い、ほんとうに、天才だ。

それと、彼の詩はまさしく文芸で、俺は小説を書いていて、偶然にも彼らの曲と同じテーマで小説を書いたことがあって、俺はヤマパンと同じ景色を見ているのに、その語られる言葉の透明さがまるで違うと思った。断片的に綴らざるを得ない歌詞なのに、その言葉のひとつひとつが限りなく透明に近いブルーのガラス片となってグサグサと。グサグサと突き刺さるのだ。本当の言葉がそこにあって、彼は「本当の言葉」だけで歌詞を綴れていると思った。

 


【MV】神崎川/PK shampoo

 

(本当の言葉とかコイツなに言ってんの?のと思った方はこちらをどうぞ) 

 

音像を丁寧になぞれば彼らが90年代のグランジシューゲイザー、ポストパンクの影響下にあるような気がしなくもない(全く違ってたらごめんなさい)。もちろん、メロディセンスとコード感は彼の天才的なセンスによるものに違いないが。このざらついたノイジーな演奏に泣かせるメロディを乗せる手法は峯田和伸という先行者がいるのだけれど、PK shampooはよりローテンポでメロディや歌詞を強調されていてパンク色は薄い、要するにPOPSだ(POPS最先端と自称するだけのことはある)。実際彼らの音楽と全く同じことをしている先駆者は、少なくとも邦楽ロックの表舞台に出てきたバンドではゼロだと思う。ヤマパンのブログで少し彼の音楽観を知ることがあったが、まさしくfromWWWだった。彼のルーツは彼が触れてきた2000年代のインターネットそのものだと思った。インターネットに彼の感性でフィルタリングして出力された音楽が、PK shampooだ。

まあ俺がここでうだうだ語ってることは既に某地下室で半年以上前に述べられているんだが。無為だ。

先日彼らのライブに足を運んだ。彼らのパフォーマンスは「異常」だった。SNSなどから彼らのかなりふざけ倒したスタンスは知っていたつもりだったが、

 

 

まさか登場曲が赤緑のOPだとは思わなかった、ステージドリンクはワインだったし。それで演る音楽が破壊的にセンチメンタルな曲ばかりなんだから笑う、いや泣く。正直彼らのルックスとパフォーマンスだけだったら超難解なインダストリアルバンド辺りと誤解されそうだ(彼らはインダストリアルの要素をも取り込んでいるんだけども)。

 

上の画像、最初に貼った動画の曲やってるんだけど、バラードでダイブがおこるのを初めて見たよ、俺は。

 

 

そんな彼らは今月シングルを出した。ついにこのシングルはタワレコにも並ぶらしい。PK shampoo、遂に表舞台に出てきたな。メルカリで二万で売られる前に買っておいた方がいい、マジで。ライブも行っとけ、触れる近さにいるうちに。あっという間に遠くに行ってしまいそうだから。

 

↓この記事読んだら絶対に買え

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

帰ってきたよ、THE BACK HORN

こんにちは、皆さん音楽聴いてますか?俺は聴いてます。

ところで、皆さんは人生ではじめに買ったCD覚えていますか(10年後にはこの話題、通用しなくなるんだろうな)?俺はわりとはっきり覚えていて、中学一年の頃に買ったTHE BACK HORNのベスト盤ですね、今もラックのすみでホコリを被ってる2枚組のアルバム。

f:id:team-hanagami:20190708012231j:plain

(普通にとったのに画質が悪い…)

 

 

当時の俺はこのアルバムをWALKMANのボタンが陥没して音量が下げられなくなるまで聴き倒した。それこそ友達と行ったカラオケでのレパートリーはバックホーン一択、高校生になって周りが流行りのバンド、カナブーンやAlexandrosを聴き出すような頃には、俺はナンバガブランキー辺りを聴きまくっていて全く音楽の話が合わないようなバンドオタクとなっていた。

とにかく、バックホーンというバンドは俺の音楽にたいする考え方、いや最早人生観にまで小さくない影響を与えためちゃくちゃに偉大なバンドなワケだ、俺のなかでは。

そんなバックホーンの様子がここ数年何かおかしくて、俺としては気が気じゃなかった。

 

ところで、皆さんのバックホーンの印象はどんな感じなんだろうか。やはりライブバンドの印象が強いかもしれない。

こんな感じのライブ映えするバンド(ロッキンだとレイクステージの主)、あるいは初期のバックホーンを知ってる古参の方には陰鬱な世界観のバンドという印象があるかもしれない。


初期の曲(これがメンバー10代の頃に作られたってマジか?)

 

そもそもTHE BACK HORNというバンド、アルバムごとに、いやひとつのアルバム内ですらかなり幅広いタイプの曲をやるバンドなので並大抵の変化球ではファンは驚かないのですが。

 

 

気でも狂ったか?(正常に戻ったという説もある)

他にも、

 

 

宇多田ヒカルとコラボしてみたり、

 

 

慣れない英語歌詞に取り組んでみたり、

 

キートークのパクリをしてみたり。

ここ数年のバックホーンの音楽性は熱心なファンの目から見てもブレていた。

 

恐らく彼らの心境に明確な変化があったのは震災後で、東北出身の彼らは音楽性に少なくない影響を受けた。彼らは絶望のかわりに希望を歌った、死のかわりに生を歌った。そのことがいいとか悪いとかではなくて、ついていけくなったのだ、彼らほどに震災を真摯に受け止めなかった俺たちには。

 

そんな中で発表された新曲『心臓が止まるまでは』。


フルバージョンは↑から飛んでほしい。

 

正直、ここ数年俺はバックホーンから遠ざかっていた。ほかの多くのいい音楽を知ってしまったし、彼らは変わったから。ただ、変わらないと思っていた俺がおかしかったのかもな。ひとは変わるし、変わっていくことで何かを得るのだから。まあなんだ、この曲はめちゃくちゃいい。大げさなまでにおどろおどろしい世界観、うねりまくるベースラインと相反するように簡素なリズムギター、そしてVo.山田将司の悲痛にも伸びやかな叫び。俺は傲慢にも、帰ってきた、と思った。

さあ言葉を刻め 生き抜くために
滾る想いは血の味だ
心臓が止まるまでは
全身全霊生きたがって叫ぼうぜ

違った。彼らはどこまでも生を歌う。各所に取り入れられた打ち込みや、そぎ落とされた音数は彼らがここ数年で身につけた武器だ。これは、いまのバックホーンの音楽だ。思えば、去年(2018年)発表された初期の音楽性を明確に意識したミニアルバムやインディーズ時代の再録盤はこの音楽性に到達するための布石だったのかもしれない(浅はかにも当時の俺はファンの要請にすごすご従いやがって、などと思っていた)。こうして聴いてみると、この新曲を通して彼らの音楽性が地続きであることがわかる。過去と現在を包含し、未来を見据えたこの曲は、めちゃくちゃいい。

 

 

 

 

この曲は配信限定だ。はじめてベスト盤を再生したときのような青いワクワクは、物理的にも精神的にも、もう味わえないけれど、それでも俺はこの曲を素直にいいと思った。素直にいいと思えた自分が嬉しかった。

俺はこんど、本当に久しぶりにバックホーンのライブへ行く。本当に久しぶりだ。

帰ってきたよ、THE BACK HORN。お待たせしました。

 

おわり

 

 

 

 

 

今週のお題「わたしの好きな歌」