読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻紙diary

受験生による受験生らしくないブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

あのスネ夫が東大を受験した結果wwwwwwwwww

f:id:team-hanagami:20170520004201j:imagef:id:team-hanagami:20170520004222j:image

2.4点足りなかったのだがwwwwwwww

 

とかスレ立てそうになった脛男ですお久しぶりです。結果報告しにきました

最後に受ける教科である英語の結果を見て貰えればわかる通り、油断は大敵なんですよね〜

この教科終われば受験終わり!!この教科以外は普通だから受かる!気楽に気楽に!!

とか思ってたら気を抜きすぎたわまじでちんげ

 

考察 本番で気を抜かないように普段抜きまくることが大切である。

 

事案の近況とそれっぽい話をしたかった話

jianです。

更新が2ヶ月半もないのは流石にアレなのでなんか書く。

前の記事で大口叩いておいてなんだが↓↓

普通に阪大は落ちた。河合塾横浜校でjianと握手!

 

…といっても浪人はそこまで悲観的なモノじゃない(個人差アリ)。

それなりにゆるくやってる。これで落ちたら笑えねーな。

 

河合塾にはチャリで通ってる。

卒業祝い(浪人祝い)で買った。

サイコロを振って名前を決めたところ

レッドになった。ダッサ

 

f:id:team-hanagami:20170519221351j:plain

↑ 生意気にも土足で上がりこむレッドタイガー号

 

といっても30分くらいかかるしやたら坂は多いしで無駄に疲れるので週に4日くらいしか使わんけど。

暑くなったら絶対使わなそう。

 

 

なんか書くといったのでそれっぽいことためになるっぽいそれっぽいを書きたいと思ってたんだけど長くなりそうだから次回に回す。

次回があればの話だが

 

 

 

 

 

 

しずかちゃんにもてたさすぎて東大を受けた脛男の話

どーも久しぶりです脛男です。

とーだい受けて来ました

理科I類です。

 

いやあ今年は東大血迷ってました...なんかいろいろとレボリューション!!

うざかったです

 

①国語

現代文の問題数が減るテクノロジーによって生み出される虚構の話、古文には源氏物語、しょっぱなから度肝抜かれました。漢文は猫自慢野郎の話。わかんなすぎて時間余りました。

 

②国語と数学の間の休み時間

3時間ありました

暇すぎる。抜きました

 

③数学

めっっっっっちゃくちゃ易化

 

 

 

 

 

 

 

 

とか言ってる奴は大抵クソ、自己顕示よ君

領域、確率、複素数、整数、図形、体積

お腹いっぱいおっぱい

 

④物理

 力学 ジェンガ

電磁気 ブランコする回路

熱力学

いつも通りむずい

 

⑤化学

1問目 有機←?!?!?!

2問目 無機 電池や成分分析

3問目 理論、平衡

 

⑥理科と英語の間の休み時間

2時間ありました。暇すぎる。センター試験地理の勉強をしました。

 

⑦英語

死。虚無。絶望。

 

 

総括

 

英語得意なやつは受けよう

 

 

終焉の魔神<ゼロ>

 ここは……どこだ?

 

 

 ……

 

 …………

 

 …………そうか、ここは……鼻紙diary.

 

 受験生による、受験生らしくないブログだ……。

 

 でも、受験生ってなんなんだろう?なんだったのだろう?

 

 ぼくたちは、どの瞬間から受験生でどの瞬間でそうでなくなるのだろう?

 

 明確な始まりも終わりもない……ならばそうさ。

 

 人生は受験なんだ。

 

 いやどれはどうだろう。

 

 レイザは今ゲームをプレイしているけど、いつからゲームをやるようになったのだろう?

 

 始まりも終わりもない……ならば受験もゲームも人生なのだろうか?

 

 結局のところ、そこに人の千差万別な――かけがえのない人格が生まれるのだ。

 

 しまった、一橋の現代文のようなことを書いてしまった。

 

 あれは哲学者の話だから取り組みやすかったんだよな。

 

 おっと話が逸れた。

 

 つまるところ、人は曖昧で意味不明なものには意味を求めたがる。

 

 でも本来そこに意味なんてなかった。空っぽの容器に詰められるものは――

 

 自分の願望だけなんだ。

 

 自分の願望をそこへ入れ込んでしまうんだ。

 

 受験生という言葉に、受験生は様々な意味を求めた。

 

 人が言葉を操るのではなく、言葉が人の願望を水面の上へ浮かび上がらせる。

 

 道具たるテクノロジーが人の行動を縛るように。

 

 しまった、一橋の英語長文のようなことを書いてしまった。

 

 単語力に欠けるレイザには、難読単語が出なくて読めたんだった。

 

 直前のトイレで覚えたspouseは注釈ついてて落胆したけど。

 

 おっと話が逸れた。

 

 しかしこれ以上書くこともない。

 

 しまった、これではまるで一橋の数学だ。

 

 まあいいか。この話のこれからを、神話の第二章を綴っていくのは個々人がすることだ。

 

 だから画面にばかり向かい合わないで、外に出よう。

 

 外で画面に向かい合ったって言い。

 

 その経験<ゴールド・エクスペリエンス>が想いを力に変える鍵なのだから……

 

 

2017年度阪大文学部入試を振り替えって

jianです。

一応受験生ブログをうたってるので書いてみる。というか帰りの新幹線がヒマ

jianは日本史選択です

注意・難易度は俺の体感

 

・日本史 

縄文人の採集・狩猟・漁労生活の概要

まさか縄文が出るとは思わなかったけど問題は素直。というか縄文で他に出すことも殆どなくね?易。

東大寺の焼失と再建

焼失の原因って教科書にあった?時代設定は与えられてたから推測して書けってことかな。再建の方は鎌倉文化にガッツリ載ってる。重源が歓進上人になって資金集めたってやつ。南大門の建築様式は大仏様。俺は折衷様って書いた。やっぱ文化史はキツい。今回いちの難問かも。

③秀吉がバテレン追放令を出した理由と影響

内容は基本だけど正直これで200字書けって辛かった。南蛮貿易の推移書いて水増ししたけど点になるかわからん。大村純忠は記憶が微妙だったけど書いて正解だった。標準。

日露戦争後から第一次大戦までの民主運動と政府の対応

時代設定が微妙で難しい。日比谷焼打ちから大逆事件あたりまで書けばいいのか?わからん。たぶん近代詰めてる人なら楽に書けるんだろうが俺にはキツかった。難。

 

【感想】

2016年度よりは易化したけど総合的には難しい傾向にあるっていう感触。問題数及び分量は変化なし。

個人的には①③は簡単。教科書まとめるだけ。②は文化史しっかりやってれば後半はサクサクだけど前半は推測含めなきゃかけないから難。④は俺が近代疎かにしてたからクッソ難しく感じたけど実はそこまで難問ではないのかもしれない。

 

・英語

①英文解釈2題

(A)は1文めは長くて難。意訳も求められてた(と思う)。2文めは訳させる意味あるのか?っていうほど短くて簡単だった。ぼくはこの時点で単語が解らなすぎて泣きそうでした。あと解答欄が小さすぎた。(B)はやたら無生物主語が出てきた以外ポイントなし。易。全体としては標準位だとおもう。ある程度の構文力と単語力があればカスみたいな問題だと思う。ぼくはここで浪人を覚悟しました。

 

②長文読解

「翻訳」の必要性と大航海時代について(適当)。前半と後半のテーマが違いすぎて混乱してるうちに終わった。設問(6)の内容一致問題も後半の内容しか聞いてこないしなんだったんだ。たぶん文意はとれなくても局所的に解ける問題しかなかった。設問(1)は語彙問題と推測問題が半々くらい。個人的には(Ⅳ)と(Ⅴ)が難しかったんですけどどうすか。設問(2)は単純な和訳。「pointless」の意味がわかるかどうか。ぼくはわかんなかった。設問(3)はすげえふんわりした聞き方してきて焦った。これ解答割れるんじゃねえかな。設問(4)は「具体的に」という指示に従えば簡単。ぼくは見落として死んだ。設問(5)の穴埋め問題は正直ぼくの英語力では敵わなかった。うん…設問(6)は範囲が狭いのでそこまで難しくなかったと思う。全体としては…やや易?ぼくは凡ミスとかを積み重ねて無事死亡しました。

 

③自由英作文

なぜ英語や数学は社会に出てから必要ないのに学ぶ必要があるのか?っていう中学生の疑問にゴリゴリ英語で答えるという鬼畜問題。阪大英語の自由英作は語数も70語で少ないし時間もかけずサクッと解くべきだと思う。俺は学歴社会の現実について書きました。標準レベル。

 

④和文英訳

阪大英語伝家の宝刀無茶苦茶な和文英訳。ここだけはガチガチに対策していった甲斐があってそこまで難しく感じなかった。(A)は易。「幼稚園の先生」の代名詞をsheにしたんだけどアレだったかな。(B)はやたらこなれた日本語で読んでてムカついた。「時間と共に消えてゆくゆえに美しい音楽」ってなんすか。そしてそれを訳させる阪大とは。

 

【感想】

ちょっとTwitterで検索してみたら「英語簡単だった!」とかいうツイートが目立って悲しくなった。①とか②は差がつくだろうなあ。個人的には…いままで英語できたこと無いので感触は変わらずクソ。落ちるとしたらここで落ちる。

 

・国語

①評論文

芸術論だった。内容は理解しやすいけど具体例が多くてまとめづらかったかもしれない。設問も局所的な問が多かった。というか問3と問4の解答が割りと被ったんですが大丈夫ですかね…書き取りは簡単だった。よかったよかった。

 

②小説

特攻隊に志願するとかしないとかの重い話で読んでて暗くなりました。問3が書きづらかったけどあとは標準だったと思う。問4は割りと解答に幅が出るのでは?たんに俺の読みがカスなだけかもしれない。

 

③古文

なんと!(少なくとも)過去6年で続けていた!和歌解釈が!出なかった!やったぜ。和歌解釈問題は出たら飛ばそうと思ってたので大勝利した。現代語訳問題は難しすぎて太刀打ちできなかったけど内容は読みやすくて説明問題は楽だった。単語問題も頻出のしか出なかった。

④漢文

問1はセンターより簡単。これできない奴は帰っていいレベル。幼女でもできる。内容は取りやすかったとおもうので流れで問2と問5は書けたとおもう。問3は文末の「否」の用法を知ってるかどうか。問4は俺にはムリや。

 

【感想】

評論と小説は標準。いつもどうり骨太な読解が要求されてた。古文漢文は確実に易化したと思う。文法はともあれ内容の把握はぼくでも容易でした。特に和歌解釈が出なかったのは完全に俺特。

 

【俺の総評】

日本史は目標点いった(願望)。いかなきゃ落ちる。英語は無事死亡。国語はうまくいっててほしい。つまり英語の死亡分を国語でカバーできてればワンチャン…あるか?まあ浪人する覚悟はできてるので…というか筑波大後期がすぐそこなんでうかうかしてられない