鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

【報告】サイト作りました

こんにちは、皆さんインターネットやってますか?俺はやってます。

ある人から、自分のサイトつくったら?と言われたのでがんばって作りました。

↓↓↓

www.yakantsuyoguchi.xyz

 

以降、このブログの主体だったオタク語り記事はすべて夜間通用口のほうに移行することにして、こっちの鼻紙のほうはかなり個人的な日記にしようかな、と思っています。

通用口のほうもブックマークしてくれると非常にうれしいです。

今までこのブログに記事を寄稿してくれたZXEくんもこれからは通用口のほうに記事を書いてもらうよう頼んだので彼の記事を楽しみにしてた方もブックマークしてくださいね。

他にも何人かの知り合いに記事を書いてもらうよう依頼しているのでそちらもぜひ楽しみにしてください。

 

最近聴いてよかった曲#2

こんにちは。寒いですか?俺はそこまでです。

Spotifyに加入してない人は便利なので加入してください。

それでは…………………

今回は約半年以内にリリースされた日本のバンドの新曲からです。

 

①The Whoops/踊れない僕ら

https://open.spotify.com/track/0zPo7TfjuJzRxoDLrs6STk?si=S4_-nm9USAm5vBv64tYJzw

関東のWhoops(フープス)というバンドが昨年6月頃にリリースしたフルアルバムの内の1曲。最高にかっこいい。邦楽っぽいロックさを受け継ぎつつもリバイバル感との共存。すごい発明。多分Spotifyでこの曲を一番再生してるのは俺だという自信がある。間違いなく現行の邦楽で一番新しい音像のひとつなのだが…………。もっと有名になって大阪でももっとライブしてくれ~~~~

 

②GEZAN/赤曜日

https://open.spotify.com/track/0glkSBGXa1cMofmRTZ0Liu?si=MWDAiyy7Tku1v5OmQNfD_g

つい先日のGEZANの新曲。音楽から思想が乖離して久しいがこのバンドの音楽だけは、例えばかつて頭脳警察が宣言したような音楽の持つ思想の強制力を、全身全霊全感覚をもって唱え続けている気がする。俺たちは彼らの音楽を直視しなければならない、探求せねばならない、2020年になってもなおうたに思想を封じ込めなければならなかった理由とか、ポップさを捨ててまでシティポップを敵視する真意とかを。

 

③teto/ラストワルツ

https://open.spotify.com/track/5qAjzU9KFKVBkKIphClIAu?si=jqemzR5PTG2xdLen-j1bdQ

tetoが昨年末にリリースしたフルアルバムの1曲。バンドは変化するし、もっと言えば人間は変化する。といってもtetoが前作『手』から僅か一年でこの領域まで洗練された音楽に到達していることに驚かざるをえない……まじでヤバイ最高のアルバム。この曲というかこのアルバム聴いてないやつは全員ニワカ

少しでも邦楽ロックというものに触れてきた人間なら必聴です。

 

以上です

 

 

 

 

最近聴いてよかった曲

この頃レポートやレポート、レポートなどを書きすぎて脳が崩壊してしまったので脱力した文章を書きたいので書きます。リンクはSpotifyのものしか載せないのでいますぐSpotifyに加入してください。

加入しましたか?

それでは………

①Surikizu by YACA IN DA HOUSE
https://open.spotify.com/track/3vXi1NrGAmH9xnUYFk9hi5?si=gQMWcvv7RB236Rdgmfm_eA

バーチャルラッパーワニのヤカの新曲。最高にかっこいい。カッコよすぎてワニのヤカのパーカーとジャケットを常用している。なんというかこの温度感(新旧インターネットカルチャー+大学生特有の擦り切れかた)のリリックを書けるのは彼しかいないんじゃないかなと。と言いつつ俺自身こういったヒップホップというか日本語ラップをしっかり聴きだしたのは大学に入ってからだから一家言ないといえばないんですが、普遍的にカッコいいですよね?この曲。

②夜、暗殺者の夜 by 裸のラリーズ
https://open.spotify.com/track/5sCFnWkZzZ4peYH6whTx3M?si=w9Ab85AVRa2jDFU5Nle_NA

伝説的だったりする元祖アングラバンドの代表曲。最高にかっこいい。大学の先生に「Spotifyはフランス語で裸のラリーズ検索すると出てくるよ」と教えてもらってからよく聴いている。裸のラリーズのライブの空気感をよく表した名文がブログサービスの終了によって失われてしまうので今月中にこちらを閲覧しておいた方がいいです。

https://yaplog.jp/yu-gure-marie/archive/1420

 

③通りすぎただけの夏 by ゆらゆら帝国
https://open.spotify.com/track/6OyPtUrwcR5lrDrrHEVXt2?si=2j16n3DQS3K9lUICJOdlLA

説明不要のジャパニーズ・サイケバンドのアルバム曲。最高にかっこいい。ゆら帝といえば俺は「しびれ」ばっかり聴いてて「めまい」はどちらかといえばあまり好きじゃなかったんだが、バイトの後輩が「めまい」のこの曲がいいというので聴いてみたらすごいよかった。こういった素朴に美しい風景を想起させるような曲もあるんだな~~と。

 

とりあえずこんなもんです

続編はあるかもしれないしないかもしれないです。半々です。

 

戦慄睡魔ファイル 眠すぎ

こんにちは。皆さん正月気分も早々に払い去って学業やお仕事に邁進される日々をお送りのことと思います。

しかし全世界でただ一人正月気分をいまだに引きずり続けている愚者がいるそうです。ここに。

全人類が寝まくることで有名な正月三が日を過ぎてもなお寝まくっていたら気付けば1月の第一週も終わり。今週の俺はと言えば八時間寝てもなお眠すぎる日々を送り、ついに本日1/11(土)。寝すぎて時空を歪めてしまいました…………………。

時は1日戻って1/10(金)。この日はバイトがなかったため15時前には大学も終わり悠々帰宅後昼寝でもしようと思っていた(前日も普通に九時間以上寝ているので、この時点で大分やばい)。

そして15時過ぎ、いい感じに暖房の効いた部屋で就寝。夜19時前には起きようかと思っていたが、起きたのは実家から送られてきた荷物(大量の缶チューハイ)が届いたチャイムで、それは21時前だった。その後適当に飯を済ませたところ食いすぎて眠くなったので23時過ぎに1時間だけ寝ようと思って横になる。

次に覚醒したのは朝9時前。俺が毎朝同じ時間にかけているアラームの音で目が覚めた。枕元に転がっていたペットボトルを飲み干し、頭が妙にぐらぐらするので横になっていたら意識は遠退き気付けば15時。バイトに遅刻しそうだったので急いで支度をしていたときにふと思う。

あれ?俺………24時間寝てないか?

昨日の15時に昼寝を始めてから24時間、飯を食ったりなどしていた2時間前後を除けばほぼずっとガン寝していたりうとうとしていたりしていた。

それか、寝ている間に時空が歪んで実際は二時間しか寝ていないのに24時間経過してしまった……………(どっちにせよ、失った時間は取り返せないからウィンウィンの逆、つまりルーズルーズ)

もし今日バイトがなかったらいまでも眠り続けていたかもしれない……………もしそうだったら時空の歪みはさらに大きくなってついには時空に裂け目ができてギラティナが現れ世界が大変なことになっていたかもしれない

よかったね、バイトあって

という話をバイトの先輩にしたら「コアラ🐨みたいだね」と言われました。

 

戦慄睡魔ファイル眠すぎ!!以上です。

 

日記11/19~21

11/19。俺のバイトの給料日は20日で、俺はなぜかまったく貯金ができないので給料日の前日ともなると経済状況がかなりよろしくなくなってしまう。週4でクソみてえなバイトに勤務しているお陰で毎月少なくない賃金をブチ貰ってるはずなのだが、どういうわけか恒常的に全く金がない。ひどい月になるとウチに転がっている大量の漫画を古本屋に持っていって1000円やそこらをせしめては食いつないでいるのだが、この行動の空しさといったらない。給料が入るたびにそれらを買い戻す行為はたちの悪いヤミ金に取り立てられている状況と同じくらい悲しくなる。この日もクソみてえなクレーマーババアや万引き犯を怒鳴り付けるPMを横目にひたすらレジを打ち続けるという最悪の労働をブチやった後、バイトの後輩から飯に誘われたが、生憎俺の財布には「マジ」で400円くらいしかなく、帰りの電車賃を勘案すると精々カップヌードルをコンビニの前でかっ食らうくらいの選択肢しか残されていないわけで丁重にお断りしたのだが「金くらい貸すんで!」としつこいので牛丼並盛(350円)を奢ってもらう。
f:id:team-hanagami:20191121160630j:image

後輩に350円借りて飯を食うことの空しさは恐らく占領期のギブミーチョコレートと完全に同一だが、恥を捨てなければ生き延びれないという状況のシビアさも占領期のガキと同じだ。牛丼に大量の紅しょうがをブチまけながら「どうして俺たちにはここまで金がないのか」という話をしたが全く結論は得られなかった。

この後輩は後輩でかなり終わっている男であり、ゴミ屋敷にすんでるし、金欠と怠惰のせいで性病を1ヶ月にわたり放置してたし、ニコチン依存症だし、酒はビールしか飲まんし、主食がじゃがりこだし、親から送られてくる家賃を掠め取っては日々の酒とタバコ代に回しているし、そもそも大学にいっていないなどかなり終わっている男だ。この日の牛丼代も親の家賃から回していることから、実質的に俺は後輩の親から牛丼を奢ってもらったということになるのでそう考えれば感慨深い気がする。いやしない。

贔屓目に見てもクソ野郎の後輩だが、こいつはかなりいいセンスを持っており、ゆらゆら帝国フィッシュマンズフジファブリックなど「そこら辺」の音楽をこよなく愛していたり、めちゃくちゃお笑いを真剣に考えていたり、メンヘラ美大生と付き合っていたり、そもそもインターネットカルチャーの中で育っているせいで俺と話が合う。こいつはこいつで芸人を目指してネタを書いたりしてるのだが、肝心の相方が地元でくすぶっており日々ラブコールを送っているらしい。コイツにも鋭意制作中の同人誌に寄稿を依頼していて、めちゃくちゃな小説を書いているとのことなので楽しみでしかたがないな?

帰宅し日を跨いだあたりで大量の賃金が振り込まれており、歓喜にうち震えながらコンビニで「本物の」ビールなどを買い込み飲みまくっていたところ気絶し、気付いたら朝。

 

11/20。めちゃくちゃ優等生の俺は大学に向かい授業に出席する。俺の所属する専修は全構成員そろってかなりガバガバであり、ニヤニヤしながら事前に渡された英文の翻訳を音読するという「「プレゼン」」をこなし一路梅田へ。梅田、大阪の中心といって憚らない繁華街だが実態は路上喫煙者と酔っぱらいサラリーマンとDQNとホスト崩れとヤンキーらによって構成された薄汚い街であり、薄汚い街が大好きなドブネズミのような俺には居心地のよさしか感じない。この日はクソみてえなバイトの飲み会が梅田であるのだが、バイトの飲み会というコンテンツ力が再生数26回のYouTuberほどの催しになぜ向かうかといえば給料日ゆえ金を使うことに寛大になっているのであり、ノリである。俺は生きていくうえでノリというか偶然性というかグルーヴ感を非常に大事にしているのでノリでだけバイトの飲み会にいくことなど造作もない。

飲み会には件の後輩も出席していた。「話す価値のない人間とは話さない」などと豪語して俺以外の同僚とはほとんど交流していなかった彼が来ているのは意外だったが(なぜ俺が彼に「認められた」のかはマジでわからんが……………………)、持ち前の嘘かほんとギリギリの大言壮語でウケをとりまくっていた。一方の俺といえば大量のハイボールをブチ飲みながら「セルフ陰キャいじり」によってややウケを取ったりなどしていたが、どうにも ノリが合わずやはりコイツらは「二流」だな………………などと最悪の思考をしていた。こういう俺の思考はマジでよくない。こんなこと書いてたらまじで最悪になってきたな!!殺せ!!いや、でもツマランからって飲み会中にfgoすんなし

終電まえに解散となったがまだまだ勢いづいていた俺は後輩と共に二次会しようとなったがコスパを重視しすごすごと俺んちへ。俺んちことクソキモオタクハウスに人が来ることはあまりないのだが、根が真面目な俺は部屋を常に部屋を小綺麗にしているので急に人を呼ぶことなど造作もない。俺んちことクソキモオタクCDポスター美少女フィギュアガンプラだらけハウスは防音がいいのか知らんが他の居住者の生活音が全く聞こえず、それをいいことに夜な夜なブチ大音量で音楽をブチかけているのだが、一向に苦情などが来る気配はない。そもそも俺以外誰も住んでいない線もあるが、とにかく最高の環境だ。後輩は俺のオタク語りをよく聞いてくれることに定評があるので俺はキモい音楽講釈を垂れながらYouTubeで最近流行ってる音楽をかけまくりながらこれはまじでクソだなどと最悪の意見交換を交わしたりなどしていたが、気付いたらフジファブリックのライブ映像といった、単純に「良すぎる」動画をしみじみと見たりなどしてしまい、しみじみと「俺たちはどうやったら成功できるか」といったかなり真面目な領域の話をしてしまったりなどした。この時俺たちは最早酒を一滴も摂取しておらず、大分冷静に話せたのだが、やはり酒はよくないな!!もう一生酒は飲まん!!めちゃくちゃ懐かしいアニソンをかけ始めたあたりで午前4時を回っており、単純に眠すぎたため就寝。後輩は完全に生活リズムか終わりすぎているためにまだ眠くないっすよ~~などとほざいていたが鳩尾を殴り付け気絶させ極寒のベランダに放置した。

11/21。この日も授業があったために午前中に最悪の肝臓状況と共に起床したが休講のメールが入っておりそのまま二度寝する。当日の朝に休講のお知らせをするな。次やったらマジで警察に通報する。昼過ぎに起きて部活に出るために準備をするが、ガンガンドライヤーをかけていても後輩は完全に爆睡していた。彼は睡眠にまつわる病にかかっていると自称しており、無限に寝てしまうらしくそのせいで大学に行けないと言っているが定かではない。ニコチン依存症の最後の良心としてベランダで喫煙したのだろう、ベランダには大量の吸い殻が空き瓶に押し込められていた。ところで昨日の夜から学生証を無くしており、この朝に「本格的」に探したがマジで学生証がない。恐らく昨晩の飲み会で「俺の学生証の写真の顔色が悪すぎる」という話で参加者じゅうに俺の学生証が回されたところで消失したのは確定的に明らかだが、最早どこにいったのかを考えるのもバカらしかったので大学でさくっと再発行した。教務の人たちの再発行の手慣れた感じを見るに恐らく一日あたり30人は学生証を無くしているだろう。今ごろ俺の学生証が梅田の道端に打ち捨てられていることを考えると感慨深い気がする。いやしない。

大学にいくため一通りの準備を終えた後に後輩を叩き起こす。後輩は手ぶらでウチに来たためタバコと財布しか持っておらず、起床後そのままの身なりで帰っていった。俺はその後クソつまらん講義を聞くために、そこらのレジ袋に財布と定期だけを突っ込み大学に赴くも結局暇すぎてこれを書いている!!

日記なんて書く暇あるなら原稿をやってくれ

以上です

 

 

 

成功とは何か

少しまえまで物事の成功とは何かということについて考えていたが、何となく納得したから書く。

このクソみたいな資本主義社会、成功には必ずや(商業的な)が枕詞に見え隠れしているせいで成功というものがよくわからなくて、遠いもののように見えてしまう。

例えば音楽家としての成功はメジャーデビューだし、芸人ならゴールデンに出ることだし、作家なら賞とって本を出すこと、起業家ならビジネスが成功すること、サラリーマンなら昇進して大量の賃金をブチ貰うことだろう。スポーツ選手とか若干違う気がするがまあそこはどうでもいい。俺もあなたもスポーツ選手ではない。こんな感じで反例持ち出して揚げ足とる奴、マジで性格悪いからやめた方がいい。次からは警察呼びますよ。

社会というシステムに属してそのフォーマットで戦わざるを得ない以上ゴールが商業的な成功であることに異論はないし、俺ごときが異論を挟んでゴチャゴチャ言ったところでそこらのドブネズミ以下の価値しかないので、特に文句をつけるつもりもない。何せ東大生が束になってかかってもビクともしなかったものなのだ、資本主義とは。

そんな中で文章を書いている俺だが、(商業的な)を無意識に頭にこびりつかせたまま色々なことを考えていた気がする。例えば小説で賞をもらうことは誰かに評価されることで、その評価の基準は客観的にみていいか悪いかということで、いい小説は売れるから賞をあげて自分の雑誌に載せるわけで、めちゃくちゃ商業的だ。承認欲求をエサにしたマーケティングだ。それに気づかず賞に出して一喜一憂する俺は完全に資本主義のイヌヌワンだったわけだ。誰か俺にswitchを恵んでくれ。

それに、何かを評価する基準もかなり高い次元の無意識で「売れてるか売れてないか」になってしまっている気がする。売れてるか売れてないかがめちゃくちゃ簡単に見える化されている実情、それは仕方ないことかもしれないが……………(何度でもいうがそれが悪いと言っているワケではない!なぜなら商業的に成功するとは最大の期待値を持って多くの人に認められる、いいと思ってもらえる行為だからだ)

だけれど、最近になってそういう売れた、売れないのベースで行動していないひとの素晴らしい作品を見たりだったり、話を聞いたりしてなんというか独断のまどろみから解き放たれた気がする。まったく売れなくても(売れる気がなくても)ギターを弾く姿は本当にかっこよかったし、その文章は美しかった。

その結果めちゃくちゃ売れたところで、「まあ売れるつもりじゃないんスけどね?」とか言ったらすげえカッコいいな。言わせてくれ

あと、インターネットのお陰で売れる売れないとかとは全く違うところで表舞台に立てるようになった気もする。これは本当にいいことだ。

そう思えば、俺とっての成功とはやはり100万人に一人でもその人にいいと思ってもらえることなのかな、と思う。だから下らん時給980円のバイトをしてでも遠い何かを夢見てグダグダやってるのが性に合う。だから、賞とか売れるとか本当はドブネズミ並みにどうでもいいことなのだ、俺にとって。単純に目的と手段を倒錯していた……だけかもしれない。これを読んでくれてるあなた。あなたが一ミリでもいいと思ってくれたら俺の勝ちです。俺以外のすべては負けです。

長々と書いたわりに普通のことを言っている気がするが、まあそんなものだろう。複雑にみえる事柄ほどその結論は単純だったりするものだ。だから、ワンピースの正体は俺たちの絆でいいと思う。

思想家の数だけそれぞれの実存があるのと同じように、人間の数だけそれぞれの成功があるのだ。だから全ての表現者は恐れずに進み続けるしかないのだと思う。自分の信じる成功に向かって。進み続ければ必ず一人でも多くの人に届く。めちゃくちゃ安っぽいJ-POPの歌詞になってしまったがこれはマジだと思う。マジだし、この世界が捨てたもんじゃないと思える最大の理由だと思う。

進み続けた結果、こんど同人誌を出すことになりました。


f:id:team-hanagami:20191118190033j:image

(夜なべして作った表紙をだれか褒めてくれ………)

はじめは個人誌のつもりだったのだが、何人かに声をかけたところ文章を寄せてくれるとのことだったのでそこそこのボリュームがある同人誌になる予定だ。

載っているものは、表題作の俺の小説に加えて、小説、エッセイ、小説の感想、など。遅くても来年の一月には出したいな~~~~(予定)

テーマとかは特にないんだけど、いちおう「生活」にまつわる文章にしてほしい、と言っている。誰もがよくわかっているようでよくわからず、生活している。誰かの生活のかたちが、誰かの生活をよくするものであればいいな、などと思ったり思わなかったりする。

ということで、自己啓発から無理やり宣伝に着地させたところで終わります。

絶対に年内に原稿終わらせてやるからな、首を洗って待ってろよ