鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

最初のフォアグラ

最初にフォアグラ食べた人ってヤバくないですか?

 

まさかこのブログの読者のなかにフォアグラを食べたことがない方なんていないと思いますが一応説明載せときますね(笑)

f:id:team-hanagami:20170906001653p:plain

 

フォアグラ(仏: foie gras)は、世界三大珍味として有名な食材。ガチョウやアヒルなどに沢山の餌を与えることにより、肝臓を肥大させて得る。フランスではクリスマスや祝い事の伝統料理(ご馳走)となる。濃厚な味であるため、フランス料理の食材の一つとなり、宮廷料理となったり、美食家、富裕層に食される。

 

 で、最初にフォアグラ食べた人ってヤバくないですか?

 

よくある「最初にナマコ食べた人の勇気はすごい」みたいな話とはワケが違うと思うんですよ。なぜならナマコはその気になれば誰にでも食べられる可能性を孕んでいるから。海に行けばいるし。

 

そもそもフォアグラって自然界に存在しないですよね。つまり人類の誰かが「強制的に太らせまくったガチョウの肝臓ってウマそうだな~」って思ってしかも実行に移さなければいけないんですよ。グルメのサイコパスかよ。

しかも「肝臓」っていうチョイスがサイコパスってる。ふつう「ムネ肉」とかでしょ。

 

「ガチョウのムネ肉ってウマそうだな~」←まあわかる

「強制的に太らせまくったガチョウのムネ肉ってウマそうだな~」←ギリ健常

「強制的に太らせまくったガチョウの肝臓ってウマそうだな~」←サイコパス

こう。そしてそれを「強制的に太らせまくったガチョウの肝臓ウメ~」っつって食いまくってるフランスの富裕層も軽くガチ。

「これが最高のサラダだ」って言ってトマトの盆栽だしてきた海原雄山くらいヤバい。

おわり