鼻紙diary

スーパーおもしろブログ

アクセスカウンター
簡易カウンターが付きました

寄稿

遊び心に溢れ過ぎた、歴史に残らない快作『劇場版 仮面ライダージオウ』を観よう

この映画は、ヤバすぎる。 そもそもジオウとは。前半ネタバレ無いです。でも観に行こうとしてる人はフラットに行くのがおススメ。 「仮面ライダージオウ」は平成20作記念のライダーで、最後の平成ライダー作品である。 “平成ライダー”という、落ち着いて考え…

0から1へーー仮面の歴史

とうとう公式発表されました。令和初のTVライダー、ゼロワン。 情報がまだまだなので内容はなんとも言えませんが……今回のゼロワンは仮面に「仮面らしさ」が感じられますね。お面っぽくないですか?これ。 特撮だからもちろんスーツなのですが、仮面って異形…

今まで見てないからスパイダーマン見れなーい

やっぱりこういうことを感じる人はいますよね。実際損した気分になってしまうのもあるのですが、大筋は単体で完全に楽しめます。 ただ、導入や世界観として抑えておくとスムーズに観られる事実はいくつかあるんじゃないかと。 しかし、週刊誌って、100%楽し…

思えば遠くまで来たな、スパイダーマン

『プロメア』は波に乗り遅れた感があるのでスピード重視で行こうと思います。『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』を観ました。 その前に実は、偶然、たまたま、『スパイダーマン1-3』、『アメイジング・スパイダーマン1-2』も観ました。そろそろ原作…

『プロメア』のアツさとツメたさ

グレンラガンっぽい、っていうかグレンラガンも10年以上前だからその主張は無意味ですね。プロメア観ました。 とはいえ、持ち前の知識は視聴経験だけなので続けさせてもらうと、このスタッフたちはひじょーに既視感があるわけです。 ガロはやっぱり初見では…

王の誕生を祝う

ついにグランドジオウが誕生しました。そうです、仮面ライダーの話です。 10周年ではディケイドという仮面ライダーがいたんです。ヒーローの全員集合ものに「リ・イマジネーション」という概念を引っさげることで、10周年という年月に対して二次創作というか…

「五等分の花嫁」はすごいんじゃないか?

特撮やロボットアニメとかの話をずっとしてると「俺はこの分野から外に飛び出さないんじゃないか?」と不安になることがある人です。 その不安が最高潮になると、コンビニやBOOKOFFで漫画を買ったり、TSUTAYAでCDやDVDをレンタルします。前評判無しに、その…

そこそこのファンから見たルルーシュが復活した感想

こんにちは。普通にブログを書いた人です。 好きなアニメを挙げろ、と言われて僕が挙げるとすると「無限のリヴァイアス」「スクライド」「ガン×ソード」と、谷口悟朗監督作品が並ぶくらいには普通に著しく好きです。監督としてなら一番好きなのかも。ただ、…

なぜオタクは伏線回収が好きなのか

こんにちは。普通にブログを書く人です。久し振りに何か感想でも書こうと思ったのですが、そのイントロとして一つ。 オタクってなにかと伏線に拘るねって話です。 ステレオタイプの「オタク」という人の主食は、やっぱり未だにアニメ・マンガ・ゲームだと思…

正しさばかりのこんな世の中じゃ「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」

俺は誰だ?レイザなのか? 間髪入れず、という言葉がこれ程似合う男もなかなかいない。ついさっき映画の感想をあげたと思うが早いか、悪びれもせず別の映画の感想をあげる。しかも公開中の、更によりにもよって、いかがわしいランキングで一位をとりお茶の間…